NO IMAGE

看護師の転職面接ガイド|よくある質問と転職を成功させる逆質問のポイント

看護師の転職の際に重要な「面接での受け答え」。看護師に限らず、転職する際にも非常に重要です。

定型の質問にビシッと答えることができれば、あなた自身を深堀する質問の時間が増え、受け入れ先と互いのことをよく知る時間にできます。

看護師の転職を成功させるために、今回は面接内容について解説していきます。

 

1問目/3問中
あなたの性別は?

看護師面接で多く聞かれる内容から事前に対策をするのがベスト

看護師が転職をすると決めた時、その選択肢は病院や企業、施設などたくさんあります。その中でどの選択肢にも共通して言えること、新しい仕事につけるかどうかを大きく左右するのが面接です。

面接はごく短時間の間に自分自身が評価される場であり、誰しもが緊張や不安を抱えるものです。

どうすれば採用してもらえる確率を高められるのでしょうか?

それは、面接の前の段階から自分の強みを発見し、事前に面接で聞かれやすい内容について対策を行うことです。

対策をしたからといって必ず採用となる訳ではありませんが、予め面接の内容について知ることは、自分を最大限表現することに繋がるだけでなく、当日の突飛な質問にも対応する力を養うこともできます。

 

看護師の転職面接において多く聞かれる6つの質問

ここでは、看護師の面接で聞かれやすい6つの質問について、その質問の意図や答える時に気をつけるべきことをお伝えします。

当院・施設を選んだ理由はなんですか?

1つ目の志望理由は、看護師の面接の中でも最も聞かれる質問です。

面接の前に、

  1. 「どうしてこの会社でなければならないのか」
  2. 「実際にその会社へ貢献できる点はどこか」

を簡潔に言えるように準備しておきましょう。

この質問は自身のやる気を見せることができ、面接官に「うちの会社に入って欲しい!」と思わせるチャンスです。

また、他の候補者との差を見せるチャンスでもあります。

今一度、自分がなぜその応募先を良いと思ったのか、自分の中ではっきりさせておきましょう。

応募先と自分が合っていると思う理由を伝えよう

ここで気をつけなければならないのは、その応募先と自分が合っていると思う理由を、伝える必要があるということです。

立地が良いや雰囲気が良さそうといった回答は自分にとっての利点に止まっており、相手の応募先にとって何ができるのかという点が欠けておりNGな例です。

どの院・施設にも当てはまるような回答ですので気を付けましょう。

退職した理由はなんですか?

2つ目は退職理由についてです。

退職の理由には人それぞれあると思いますが、面接官に同じような理由で、退職してしまう可能性があるのではないか、自身の内面に問題があるのではないかと思わせてしまうのは避けたいところ。

退職の理由が人間関係やコミュニケーションの人は要注意です。

対人関係が理由で退職した人にはその人間性についても少なからず問われることとなり、面接が不利に働く可能性があります。

この場合、人間関係について起こったことは極力話さないというのも一つの手だと思ってください。

また労働時間や仕事内容のハードさなど、労働環境を理由に退職した人は面接官に「うちも同じ」だと思わせてしまう可能性が高いです。この場合も極力退職理由としては無理に話さない方が無難です。

やりたいことの実現ができずに退職を選んだ場合

一方、やりたいことの実現ができずに退職を選んだ場合には、応募先でならできることを熱意を持って伝えることができます。

また、結婚や親の介護など一度限りの家族の事情で仕方なく退職を選ばなければならなかった人は、正直にその旨を説明すれば問題はありません。

その際には簡単にどうして復帰できるようになったのか説明できるようにしておきましょう。

当院・施設でやりたいことはなんですか?

3つ目は「応募先でやりたいこと」の説明になります。

ここでは過去から学ぶ力があるかを見た上で、その会社で将来どのように働いてくれるのかを見られています。

以前の会社で学んだことを伝えた上で、そのスキルをどう次に活かせるのかをストーリーとして話せると良いでしょう。

一度ストーリーを考えたら、相手の立場に立った理由づけができているか、再度チェックしてみてください。

応募先の求めていることと自身のやりたいことがマッチした時、採用の確率はグッと上がることになります。

インシデント経験はありますか?

4つ目はインシデント経験です。

看護転職の面接で聞かれるインシデント経験は苦手や失敗を克服した経験として聞かれています。

看護の現場では人間の手で行わなければならない仕事もまだまだ多く、ベテランや新人を問わず失敗や間違いの経験は多くの人が持っています

インシデントの経験そのものは誰しもが経験することなのでマイナスには取られませんが、その失敗から何を学んだのか、その失敗を繰り返さないために自身で対策したことなどを、伝えることができるといいです。

看護師を目指した理由はなんですか?

5つ目は看護師を目指した理由です。

この質問には、面接官があなたの人柄や性格など、あなたがどんな人なのか知りたいという思いがあります。

看護師を目指したきっかけや、理由がある方も多いのではないでしょうか?

「事故現場を目の当たりにして、何もできない自分がふがいなく思い看護師を目指すようになった」
「家族が好きでずっと一緒に居るために、自分何ができるかを考えた結果たどり着いた」 など

自分の過去を思い返してみると、きっと何か些細なことでも看護に関わる経験があったはず。

独自のストーリーを伝えることで、あなたの人柄を伝えてください。

あなたの看護観を聞かせてください

6つ目、最後は看護観についての質問です。

看護観と言われるとどこか難しく受け取ってしまいますが、これはあなたが働く上で何を重視しているか、ということ。

この質問には、いつも気をつけているという自身のこだわりについて考えてみましょう。

患者さんと接する中で生まれた出来事や気づきについて説明したあとで、それ以後工夫するようになった点を話せばすっきりとまとまった回答になります。

面接官にあなたの仕事との向き合い方・働き方をイメージしてもらうことで、採用の可能性が高まるでしょう。

 

看護師が転職面接前に準備すべき3つのポイント

自分について整理し、何度か自分の口に出してスラスラ説明できるようになったら、面接での質問対策はバッチリ。

しかし、いくら受け答えが上手くできても、自分の回答に具体性がなく、見た目や話し方がだらしなければ、説得力はなくなってしまいます。

そこで、採用の可能性をさらに高めるために、面接前に準備しておくべき3つのポイントを見ていきましょう。

転職先の情報にはしっかり目を通す

まず、はじめに確認しなければならないのは転職先の情報です。面接を受ける前までに必ず、就職場所・給与・福利厚生などの情報に目を通すようにしましょう。

面接は応募先と候補者とのマッチングの時間です。

相手も質問をすることでこちらについて知ろうとしていますが、こちらもその仕事先が本当に自分にあっているのか、生活スタイルとあっているのかは最低限チェックしておくことが必要です。

もし、気になることがあれば、面接時に思い切って質問しても大丈夫です。

礼儀・マナー

常に患者さんと接する看護師の仕事では、元気に挨拶をできることや丁寧な対応ができることが大前提。

言葉遣いの間違いや遅刻は厳禁です。面接会場には時間に余裕を持って行きましょう。面接の場においては、実際に仕事している姿を想像できるような受け答えを心がけてください。

特に、入室時の挨拶はハキハキと元気な声で、椅子には座っても良いという合図を待ってから座ってください。面接中は背筋を伸ばし、できるだけ笑顔で臨みましょう

面接では退室時が一番気が緩む時ですが、ありがとうございましたとお礼を述べ、席を立ち、扉付近では一礼をしてから部屋出ることを忘れずにしてください。

身だしなみ

看護師という職業では、信用感や清潔感、健康な印象を人に与える必要があります。

看護師の仕事は信用が命だといっても良いでしょう。

印象へ与える影響はその人の話し方に加えて、見た目が大きい部分を占めるため、面接の場では清潔でシンプルな格好をする必要があります。

男女ともにシャツは白を基調とし、カラーの場合でも薄めのものを着用してください。

その際、アイロンをかけ忘れていないか、スーツとカバンは落ち着いたベーシックな色味のもので、シンプルなデザインのものか確認しましょう。

女性の場合スカートの丈は短過ぎず、適切な長さになっているか確認してください。合わせて爪も清潔感に影響しますので、切り揃えておきましょう。

女性の場合|化粧や服装に関して

加えて女性が気をつけるべき点に、靴と髪型とお化粧があります。

靴の色はスーツに合わせて落ち着いた色で、なるべくヒールは高くないパンプスを合わせましょう。髪型で望ましいのは黒色です。髪の長さが長い場合は、束ねることで清潔感を与えることができます。

最後にお化粧は落ち着いた雰囲気を出すために、ナチュラルにすることを心がけてください。

男性の場合|ネクタイやスーツに関して

そして、男性が気をつける必要があるのはネクタイと髪色です。

ネクタイはスーツに合うベーシックな色味のものを選び、髪色は黒髪が好ましいです。

清潔感を示すために、髪の長さが耳や目にかからないようにし、寝癖もきちんと整えておきましょう。

看護師として初の転職!面接時の服装や身だしなみなどのマナーとは?

 

これだけは避ける!看護師の転職面接における6つの注意点

最後になりますが、看護師の転職活動における注意点について紹介いたします。

履歴書に関する注意点

まず、履歴書を作成する際は、綺麗な字で書くべきだとお伝えしましたが、当たり前ですが、誤字脱字はNGです。ボールペンで記入する前に、再度、誤字脱字がないか確認してください。

面接官の目を見て話しをする

まず面接官の目を見て話すようにしてください。相手の目を見て話をするのはコミュニケーションの基本であり、面接を通して応募者のコミュニケーション能力を図っているからです。

過度なPRは控える

自身を採用するメリットを面接官に理解してもらうことは大切ですが、過度な自己PRは逆効果です。自己主張が強く協調性がないと思われかねないので、聞かれた内容に対して必要なことだけを答えるようにしましょう。

自身の職歴を把握しておく

どのようなスタンスで仕事に取り組んできたのか採用側は興味があります。そのため過去の職歴について根掘り葉掘り聞かれることもありますが、その際に自身の職歴を把握していないとスムーズに答えることができません。

自身の今までの仕事のスタンスを理解してもらうためにも、職歴に関しては把握しておきましょう。

看護師の転職で履歴書の志望動機をどう書くか迷ったら【例文よりも大事なこと】

質問内容を事前に作っておく

まず、前提として「質問はありますか?」に対して「ありません」はNGです。必ず何か質問することが好ましいので、上記で紹介した「面接官への質問内容の準備」を参考にしてください。

給与面・待遇面に関する質問ばかりしない

また、給与面、待遇面は気になるところですが、給与面、待遇面に関する質問ばかりするのは心象が悪くなります。面接官への質問事項の内の1つだと思って、他の質問事項を優先的に聞くようにしましょう。

 

面接時にやると転職成功率が上がるよい質問内容とNGな質問

これは看護師の面接だけに限ったことではありませんが、面接の最後で『なにか質問はありますか?』と聞かれることが一般的です。

この際の逆質問も、採用するか・しないかの判断基準になることがあります。

ここでは、印象がよくなる・わるくなる逆質問について解説します。

よい印象を与える逆質問

逆質問を行なう目的としては、ミスマッチが発生することを防ぐほかに、あなたが意欲的に働ける人かを判断しているケースもあります。そのため、『その病院で働きたい・意欲的に働く意思がある』といったことが伝わることを軸に質問をするとよいでしょう。

具体例としては以下のようなものが挙げられます。

  1. 希望する科が何人体制か質問する
  2. その病院が求めている人物像について質問する
  3. 資格支援制度の有無について質問する
  4. 転職までに学んでおくべき治療・処置について質問する

なお、『特にありません』という回答は、採用する側からすると『この病院に興味を持っていないんだな…。』という印象を与えるため、ぜったいに避けるようにしてください。

印象が悪くなってしまいがちな逆質問

反対に、印象がわるくなってしまう逆質問は、労働環境や賞与、人間関係などについての質問です。

  1. 有給休暇はきちんととれますか?
  2. 賞与はどれくらいもらえますか?
  3. どうすれば昇給しますか?
  4. 残業は多いですか?
  5. 看護師の人間関係はよいですか?

などといった質問は、あなたが熱心に仕事をしない人であると判断される可能性があります。

上記のような質問は避けたほうがよいでしょう。

とはいえ、きになる項目ではあると思いますので、こういった質問をしないで済むような、転職エージェントのアドバイザー経由で先に聞いておくこともオススメです。

 

もし面接に不安があるなら!面接対策サポートに強いアドバイザーがいる転職サイト3選

看護のお仕事|初めての転職でも安心!アドバイザー満足度No.1
4.8

看護のお仕事

看護のお仕事は、月間登録者数20万人以上を誇る、国内でも有数の看護師転職サイトです。 アドバイザーによる手厚いサポートに定評がある。

・ワークライフバランスを意識した職場を探す方
・手厚いサポートを受けて転職活動を行いたい方
総合評価 5.0

口コミ平均評価 4.5

編集部評価 5.0

対応エリア

全国

公開求人数

110,000件以上

無理のない、希望通りの職場を紹介してくれた
30代/女性

評価:  5.0年齢が上がると体力的にも新しい環境が大変そうなので、今のうちに理想の環境を整えたいって思って転職を考えました。看護のお仕事』は対応が早かったし、細かい質問もちゃんと病院側に失礼なく聞いてもらえたので、忙しい中でも転職がスムーズにできたと思います。今は夜勤も入っていますが、もし結婚・出産をしたらそれに合わせた勤務に変更もできるらしいのでずっと長く働けそうです。

『看護のお仕事』の口コミと評判
子育て中のママに優しい
30代/女性

評価: 4.5シングルマザーになって1年。子供の将来のことを考えるともう少し稼ぎたい。そこで、院内託児所があり、待遇の良い病院を探して『看護のお仕事』に登録しました。キャリアアドバイザーの方は、自分が求めていた情報よりもっと詳しく、子育て中の看護師さんの人数や、急なお休みへの理解などの子育て環境を教えてくれました。給与は前より少し上がる程度ですが、育児補助と家族手当など合わせると安心できる額になり、非常に満足しています。ありがとうございました。

マイナビ看護師|転職先の情報をチェックしてから応募したい方に
5.0

マイナビ看護師

大手マイナビグループが運営する 看護師に特化した転職サイト。キャリアアドバイザーの力量も高く、利用者満足度は96%

・より多くの求人から転職先を探したい方
・転職先の情報をチェックしてから応募したい方
総合評価 4.5

口コミ平均評価 4.0

編集部評価 5.0

対応エリア

全国

公開求人数

28,000件以上

初めての転職や慣れていない方にオススメ
20代/女性

評価:  5.0初めての転職だったため、一人ではなかなか良い求人を見つけることができませんでしたが、『マイナビ看護師』さんが私の条件に合う求人を沢山紹介して下さり、希望通りの病院へ就職することができました。キャリアアドバイザーの方のアドバイスや対応が早く適切で、内定を頂けるよう共に頑張って下さり、とても心強く助けられました。私のように転職活動に慣れていない方に是非使ってほしい転職サイトです。

マイナビ看護師の口コミと評判
看護業界を熟知していて、希望に沿った求人を紹介してくれました
30代/女性

評価: 4.5求人の質量共に十分だと思います。またカウンセラーの対応も迅速です。看護業界について熟知していて、『マイナビ看護師』の方はこちらの希望に沿った求人を紹介してくれます。またヒアリングにかなりの時間をかけて、重要な点はきちんと確認する念の入れようです。離職率を下げようという試みを随所に感じます
転職に関しての相談会もあり、きめ細かいアドバイスがもらえました。基本的に離職率の低い求人しか紹介しないという方針なのもうれしいです。

ナースではたらこ|日本最大級の看護師転職サービス!
3.6

ナースではたらこ

2015年4月に20~40代を対象にした調査で『看護師人材紹介「満足度No.1」を獲得。多くの看護師さんに支持された転職サイト。

総合評価 4.0

口コミ平均評価 4.5

編集部評価 3.5

対応エリア

全国

公開求人数

90,000件以上

まとめ

面接では短時間で、自分のことについて最大限伝えなければなりません。

面接という緊張する場面はで、普段から考えていないことを上手く伝えることは難しいもの。

  1. どうしてその院・施設に入りたいのか
  2. そこで自分は何ができるのか
  3. その応募先に貢献できる強みは何か

といった自分のPRポイントをあらかじめ整理し、簡潔にわかりやすく伝える準備をしておきましょう。

事前に面接を受ける会社について調べることも忘れてはいけません。

その会社について知っているということで、熱意も伝わり、面接官にその会社に入った後どういった活躍ができるかを想像してもらうことが重要です。

とはいっても面接官は人を見てきた人ですので、嘘や思ってもいないことをいってしまう、とってつけたような薄い内容が伝わってしまうことが予想されます。

自分の発言一つ一つに気を配りましょう。

しっかり面接対策をして、希望通りの転職してください。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

看護師の転職・キャリアアップに強い転職サイト

看護師の転職には、看護師専門の転職サイト、転職エージェントを使うのが一番効率が良い方法です。 実際の利用者の口コミを読みながら、満足度の高い看護師転職サイト・転職エージェントへ登録し、今よりも働きやすい職場への転職活動を始めましょう!

CTR IMG
看護師におすすめの転職サイト人気ランキング