看護師が転職するベストな時期は何月?あなたにとっておすすめの転職時期を選ぼう

看護師が転職するなら2月から3月にかけてが、最も求人数が増える時期と言われているので、そこを狙って転職を考えている看護師さんも多いのではないでしょうか。

看護師の転職に最適な時期はいつなの?
1月に転職するのが一番オススメですよ。新年で心の切り替えがしやすいというのもありますが、看護師の求人が増えてくる季節でもあるからです。

一般的な企業でも、1〜2月あたりに4月採用を見込んだ企業が求人を出し始めるため、看護師業界も同様に、2~3月に求人情報が最も多いピーク時期になると言えます。ですので、早い段階から準備を始めるなら1月から転職活動の準備を進めるのが、スムーズな転職に繋がりやすいと言っていいでしょう。

年度が一区切りする3月末に退職する看護師も多いので、4月から看護師不足にならないよう、あらかじめ見込んで求人を出す病院も多いので、ほぼ間違いない時期言えます。

しかし、必ずしも1月や2月から転職を始めなければいけない、ということではありません。看護・医療の現場は年末年始の繁忙期や閑散期で職場の雰囲気が大きく変化しますので、4月入職は転職早々、激務に襲われる可能性もあります。

もし、転職早々忙しい時期はちょっと…ということであれば、あえて求人の減る時期を狙うという選択肢もありますから、一概に『この時期が絶対におすすめ』というものはなく、あなたの都合に合わせた時期に転職するのが、結果的にはよい転職になるかと思います。

では、転職に適したベストタイミングとはどんな時期なのか、解説していきます。

 

看護師の転職活動期間は約1ヶ月と短いスパン

マイナビ看護師の情報によれば、看護師の転職活動期間は、「病院選びや情報収拾の事前準備」から「内定」まで約3週間〜1ヶ月とされています。一般企業向け転職活動の平均期間は3ヶ月と言われていますので、かなりの短期決戦であると言えます。

理由はさまざまですが、大きな理由は『看護師の人手不足』『基本的に書類選考と面接1回で内定が出る』という点です。

看護師は売り手市場でどこの病院も欲しがっているというのは、もうご存知かと思いますが、看護師さんの求人倍率は2.36倍。つまり、数字上は応募すれば受かる転職先はたくさんあるということです。

参照元:日本看護師会|2017年度 「ナースセンター登録データに基づく看護職の求職・求人に関する分析」 結果

選考に関しても、書類選考で約3日、面接も早ければ即日に結果が出ますので、一般企業と比較してみても選考の速さが速いのが短期決戦の理由です。

優秀な看護師であれば他の病院に取られたくありませんし、人材不足ですぐ来て欲しいという場合は、病院側も待ってくれませんから、極端な話、翌月には転職したいと考えているなら、その月のうちに準備を始めるくらいでちょうど良いかもしれませんね。

看護師の転職におすすめの時期を月ごとに徹底解説

4月のフレッシュな時期に合わせて転職をするなら、2〜3月ごろに転職活動を始めるのが良いとお伝えしましたが、まずは1月から12月までで、転職市場にどのような動きがあるのかご紹介します。

1月から2月|大手や人気の高い病院は求人を出し始める

12月でボーナスが支給されて退職の届け出、有給消化をしながら年末を過ごし、年始1月から本格的な転職活動を開始して、2~3月で新しい病院・医療機関を決定するという流れが一般的です。

病院サイドも年末は仕事のことを考えない12月は避けて、1月から転職活動を始める看護師さんたちに合わせて、求人掲載を転職サイトに掲載する傾向がありますから、1月は求人数が増え始める時期と言えます。

人気の病院や大きな病院であればすぐに募集が終わってしまうので、看護師向けの転職サイトではなく、転職エージェントに登録しておいた方が、コンサルタントから早めに情報を回してくれる可能性が高まりますので、人気病院を狙いたいからはこの時期にはすでに登録しておくと良いかと思います。

また看護師経験が長い方の場合、1月に転職活動を開始して同月に転職できれば、4月の新人看護師の指導を任せてもらえる可能性もあり、年収UPに繋がりますから、先輩看護師として仕事ができるようにしておく意味でも1月はおすすめと言えます。

2月の転職状況

1月に大手病院や早めに動き出す病院が求人を出し、続いて2月に中規模クラスの医療機関が求人を出し始めるので、この時期も転職活動を始めるのには遅い時期ではありません。また、繁忙期というほど忙しくもない時期ですし、長期休暇もないため、先輩看護師も転職者してきた方へ仕事を教えやすい時期と言えます。

3月〜4月|忙しい時期になり急募が増える

年度末を迎えるタイミングですから、この時期に退職する看護師が増え、忙しいうえに人手は足りないという状況が考えらます。この時期に転職する方は、ある程度の忙しさに耐える覚悟が必要かもしれません。

求人件数もひと段落してしまうため、転職活動を始める時期としては不向きかもしれませんね。

5月|非公開求人が多い時期

一般的に4月〜5月に求人を出す病院は少ないのですが、非公開求人の多い時期で、春先までの就職活動に失敗した看護師の方は次の応募先として検討してみましょう。

新人看護師が1ヶ月も経たず辞めてしまう状況も多いうえに、新人研修が忙しい時期ですから、応募する前に、病院の福利厚生、残業面、離職率の高さなど労働環境を確認してください。

また、非公開求人を探す上でも病院の内情を知る上でも、転職エージェントに相談することをおすすめします。

6月〜7月|転職者へのフォローもしやすい時期

6月は新人ナースの研修も一段落するため、転職者へのフォローも行き届く時期です。好条件の求人さえあれば転職には向いている時期といえますが、夏季ボーナス支給月にあたるため、ボーナスを受け取って転職したい方は退職日に注意しましょう。

7月は6月のボーナスをもらってから退職する看護師が多いため、全体的に求人数が多い時期です。特に企業看護師の求人が多い月と言えるでしょう。

企業看護師はビジネスマナーを身につけることができる上に、土日休みで夜勤がないため、規則正しい生活を送りたい看護師の方には企業看護師として働くのは最適です。

8月|公務員看護師の求人募集が多いが夏休みが取りにくい

8月も7月同様、ボーナス後の退職が増える関係で全体的に求人募集が多い時期です。特に、公務員看護師の求人募集が増える傾向にあります。

公務員看護師は公務員としての扱いになるため、安定した給料に退職金も保証されていてとても人気です。そのため、求人自体は少ないのに対して競争率が激しく、国立病院または県立病院に絞って転職活動することはおすすめしません。

また、8月は夏休みシーズンで休暇を取る看護師も多いので、病院内は最低人員数で仕事を回していて大変忙しい時期でもあります。

そのため、十分な指導を受けられないかもしれないというリスクもありますので注意してください。また、この時期に転職すると転職先で夏休みを取れない可能性もあることを認識しておきましょう。

9月|急募が増える時期

ボーナス支給後に退職した看護師の穴埋めをするため、9月も求人数が多い時期と言えます。9月は新しく入職した看護師の教育体制が整っている病院が多い時期でもあるので、ブランクのある看護師、未経験の診療科へ転職する方におすすめの時期です。

10月から11月|人事異動が盛んな時期

10月は看護師業界の人事異動が活発になる時期ですから、病院内の部署異動に乗っかってトレーニングも受けやすくなるでしょう。また、翌年の1月採用を見越した人員計画を考える病院も多いため、再び求人数も増えていく傾向にあります。

12月の転職状況

12月は病院が最も忙しい時期です。求人情報は出ていますが、どこも転職者に割く余裕が少ないことに加え、転職活動を始めようにも長期休暇を控えるなど、あまり有利な条件が望めない時期といえます。

単純に退職するだけに留めて、1月の求人が増え始める時期に備える、転職サイトなどに登録するだけしておくのが良いかもしれません。

転職時期へのこだわりすぎはNG|大事なのは自分の希望にあった転職先を選ぶこと

転職に適した時期は「自分が転職先になにを求めるか」「転職して実現したいことはなにか」で変わってきます。

もし、いまの職場環境が嫌で、すぐにでも転職をしたいのであれば6月の閑散期や12月のボーナス支給を得てすっぱり辞めて、翌月、年明けから新しい職場に転職できるような準備を進めていくのが良いでしょう。

転職の狙い目といわれる時期は、当然ながらほかの看護師にとっても狙い目ですから、転職時には競争率が高まる可能性は大いにあります。職場環境を確認してから人間関係の良い職場を選びたいなら、前もって病院の内情を確認できるサービスを行う転職エージェントを利用するのも有効ですし、円満に辞められるようにするには事前の引き継ぎも大事な作業です。

つまり、いくら看護師の転職活動期間が短いとはいえ、それまでにやるべきことはたくさんあります。予定通りに進むとはかぎらないことを念頭に置いて、転職活動は早めに開始するという意思を持っていただくのが良いのではないでしょうか?

転職には時間的・金銭的余裕を持って取り組む

転職活動を成功に導くためには、一般的には、

  • 賞与がもらえる時期
  • 求人数が多い時期

の2つの時期を踏まえた上で計画を立てるべきでしょう。一般的に求人数が多い時期は質のよい求人が多く、採用のハードルが低くなっているので、希望の転職先を見つけやすい時期です。

また、金銭的な余裕を持つためにも、賞与が渡された後を見計らって退職できるような転職活動のプランを立てるべきなのです。

転職活動を始めるまでに3ヶ月以上かかることを見越して計画を立てよう

転職活動は、ある程度の時間と労力を要します。転職先へ求める条件や、看護師としてどのような能力や経験がPRできるのか、求人のリサーチなど、求人へエントリーするまでにもやらなければならないことは沢山あります。

在職中から転職活動を始める方は、日常の業務をこなした上で準備を進めなければなりませんが、求人へエントリーするにあたり面接日と休みを調整しなければなりません。

それに加え、退職の準備もしなければならないので、転職活動を始めるまでには3ヶ月以上の期間を要すると思ってください。

もし、ご自身ですべてのスケジュールを把握したり管理したりすることが不安な場合は、転職エージェントに相談しながら進めていくと、無理なく転職活動を進めることができますので、転職エージェントへの登録も視野に入れたほうがよいかもしれませんね。

自分にあった転職先を探す方法

他の病院の知り合いに相談する

気になった職場の内情を知るには、まずは友人や知り合いの看護師や医師に相談して見ましょう。看護師が辞めてしまう最も多い理由は『人間関係』ですから、職場の同僚と良好な関係が築けるかどうかがカギになります。

【関連記事】看護師を辞めたい理由の第1位は人間関係|5つの対処法と人間関係の良い職場に転職する方法

ただ、ある職場の人間関係がよい職場を見わけるには、実際に入職してみるまではわかりませんし、知り合いが誰もいない病院に転職しようと思った場合には使えない方法なので、どうしてもいなければ別の方法を考える必要があるでしょう。

転職エージェントに相談する

もし、友人や知り合いに頼れるつてがなければ、『看護師専門の転職エージェント』に相談してみましょう。

転職エージェントと一言で言っても幅広いですが、看護師の転職を専門に扱うエージェントであれば、入職前に職場の雰囲気をしれるケースが高いので、下記でご紹介するような評判の高いサイトを利用するのがおすすめです。

参考:マイナビ看護師

 

看護師の転職時期や病院の内情もわかるおすすめの転職エージェント

マイナビ看護師

マイナビ看護師|転職先の情報をチェックしてから応募したい方に
5.0

マイナビ看護師

大手マイナビグループが運営する 看護師に特化した転職サイト。キャリアアドバイザーの力量も高く、利用者満足度は96%。 転職先のミスマッチを減らすために、病院の雰囲気や労働環境まで詳細に確認できる。

・より多くの求人から転職先を探したい方
・転職先の情報をチェックしてから応募したい方

におすすめ!

総合評価 4.5

口コミ平均評価 4.0

編集部評価 5.0

対応エリア

全国

公開求人数

28,000件以上

初めての転職や慣れていない方にオススメ
20代/女性

評価:  5.0初めての転職だったため、一人ではなかなか良い求人を見つけることができませんでしたが、『マイナビ看護師』さんが私の条件に合う求人を沢山紹介して下さり、希望通りの病院へ就職することができました。キャリアアドバイザーの方のアドバイスや対応が早く適切で、内定を頂けるよう共に頑張って下さり、とても心強く助けられました。私のように転職活動に慣れていない方に是非使ってほしい転職サイトです。

マイナビ看護師の口コミと評判
看護業界を熟知していて、希望に沿った求人を紹介してくれました
30代/女性

評価: 4.5求人の質量共に十分だと思います。またカウンセラーの対応も迅速です。看護業界について熟知していて、『マイナビ看護師』の方はこちらの希望に沿った求人を紹介してくれます。またヒアリングにかなりの時間をかけて、重要な点はきちんと確認する念の入れようです。離職率を下げようという試みを随所に感じます
転職に関しての相談会もあり、きめ細かいアドバイスがもらえました。基本的に離職率の低い求人しか紹介しないという方針なのもうれしいです。

看護のお仕事

看護のお仕事|初めての転職でも安心!アドバイザー満足度No.1
4.8

看護のお仕事は、月間登録者数20万人以上を誇る、国内でも有数の看護師転職サイトです。 アドバイザーによる手厚いサポートに定評があり、

・ワークライフバランスを意識した職場を探す方
・手厚いサポートを受けて転職活動を行いたい方

 におすすめ!登録者の転職成功に最も親身になってくれる。

総合評価 5.0

口コミ平均評価 4.5

編集部評価 5.0

対応エリア

全国

公開求人数

110,000件以上

無理のない、希望通りの職場を紹介してくれた
30代/女性

評価:  5.0年齢が上がると体力的にも新しい環境が大変そうなので、今のうちに理想の環境を整えたいって思って転職を考えました。看護のお仕事』は対応が早かったし、細かい質問もちゃんと病院側に失礼なく聞いてもらえたので、忙しい中でも転職がスムーズにできたと思います。今は夜勤も入っていますが、もし結婚・出産をしたらそれに合わせた勤務に変更もできるらしいのでずっと長く働けそうです。

『看護のお仕事』の口コミと評判
子育て中のママに優しい
30代/女性

評価: 4.5シングルマザーになって1年。子供の将来のことを考えるともう少し稼ぎたい。そこで、院内託児所があり、待遇の良い病院を探して『看護のお仕事』に登録しました。キャリアアドバイザーの方は、自分が求めていた情報よりもっと詳しく、子育て中の看護師さんの人数や、急なお休みへの理解などの子育て環境を教えてくれました。給与は前より少し上がる程度ですが、育児補助と家族手当など合わせると安心できる額になり、非常に満足しています。ありがとうございました。

ナース人材バンク

ナース人材バンク
4.5

ナース人材バンクは、エス・エム・エスが運営する、抱える求人数が自慢の看護師転職サイト。 全国に16の拠点を持っており、求人数は21万件以上を保持、年間10万人以上から利用されています。 キャリアアドバイザーによる給料交渉などのサポートも備えており、転職経験が浅い方にとっても、安心して利用できるサービスです。

総合評価 4.5

口コミ平均評価 4.5

編集部評価 4.0

対応エリア

全国

公開求人数

210,000件以上

最新情報をチェックしよう!
>看護師の転職・キャリアアップに強い転職サイト

看護師の転職・キャリアアップに強い転職サイト

看護師の転職には、看護師専門の転職サイト、転職エージェントを使うのが一番効率が良い方法です。 実際の利用者の口コミを読みながら、満足度の高い看護師転職サイト・転職エージェントへ登録し、今よりも働きやすい職場への転職活動を始めましょう!

CTR IMG
看護師におすすめの転職サイト人気ランキング