看護師が行うリアルな訪問看護の実態!病院で働くよりもいいと言われる理由とは?

看護師の活躍の場は、病院勤務やクリニック、老人ホームなど近年多様化しています。

その中の一つ、訪問看護ステーションをご存知でしょうか。

まだあまり知られていませんが、病気や障害があるけれど病院に通えない方や、人生の最期を住み慣れた自宅で迎えたいという方の居宅を看護師が訪問し、医療処置を行うというサービスです。

訪問看護を必要としている方は多く、今後高齢化が進むにつれ、その需要はさらに高まると思われます。

今回は、訪問看護師の仕事内容と現状についてご紹介していきます。

 

1問目/3問中
あなたの性別は?

 

訪問看護の看護師はどんなことをするの?

まず、訪問看護師とはどのような仕事なのでしょうか。

訪問介護の仕事内容

担当する患者さんによって、仕事内容は変わります。主にカテーテルの交換、インシュリン注射の投与、点滴、血糖値の測定が代表的です。

主治医の指示書に従い、利用者の健康状態をチェックし、体温、血圧、脈拍、呼吸などを一通りチェックし、主治医に報告します。終末期を迎えている場合は、痛みのコントロールなどの処置も求められます。

また、利用者がより良い環境で過ごせるようサポートすることも仕事の一つです。食事や排泄、清潔な部屋の維持、褥瘡防止、栄養摂取の指導、嚥下訓練などを行います。

利用者とその家族のメンタルサポートも重要です。家族の負担が大きくなる在宅療養では、訪問看護師による精神的なケアが欠かせません。

訪問看護の看護師の1日のスケジュール

訪問看護師はどのような一日を送るのでしょうか。所属する訪問看護ステーションや、担当する数によって多少変動しますが、おおよそこのようなスケジュールとなります。

09:00 訪問看護ステーションへ出勤、スタッフ内の情報共有、訪問準備。
09:30 訪問看護開始(二軒程度訪問)。
12:00 昼食。
13:00 医療処置、療養上のお世話。
16:30 帰社。一日の記録や報告、申し送り、翌日のスケジュール確認。
17:30 勤務終了。

訪問看護師の給料は?

給料の面はどうでしょうか。訪問看護にはオンコール体制はありますが、夜勤はありません。

その分夜勤手当はつかないのですが、高収入が得られるようです。

 

訪問看護の仕事の平均年収は約357万円。日本の平均年収と比較すると低い傾向にあります。
月給で換算すると30万円、初任給は20万円程度が相場のようで、アルバイト・パートや派遣社員では平均時給がそれぞれ1,171円1,500円となっています。

引用元:求人ボックス

その理由は、訪問先で全てのことを一人で行うため責任が重大だから、そしてその分一定以上の経験や深い医療知識が求められるためと言われています。

 

訪問看護の看護師になるには?

では、訪問看護師になるにはどうすればよいのでしょうか。必要な資格などはあるのでしょうか。

資格やスキルは必要?

訪問看護師になるためには、大前提として看護師、准看護師の資格を持っていることです。その他には特別な資格は必要ありません。

ただ、病院での臨床経験があれば自信をもって働くことができます。

向いている人は?

病院の看護師とは違い、マンツーマンの看護を行う訪問看護師。利用者とその家族にとって、大きな存在となることは間違いありません。

医療処置だけでなく、深い信頼関係を構築できるかが大切なポイントとなります。そのため、利用者と家族に寄り添い、目線を合わせて接する高いコミュニケーション能力が必要となります。

また、常に向上心を持ち、看護の技術を磨いていく姿勢も重要です。

訪問看護士になるには?

訪問看護を行っている病院、または訪問看護ステーションに所属することです。

訪問看護を行う病院はまだ多くはありませんが、退院後のフォローに熱心な病院では取り組みが始まっています。

訪問看護ステーションは医療法人以外でも運営することができ、全国に多くの事業者があります。

基本的には実務経験3年以上

看護師としての臨床経験が3年以上あることが望まれます。医師や他の看護師が同伴しないため、訪問看護師はあらゆることを自分が判断しなければなりません。

そのため、ある一定の知識がなければ対応できない場合があります。

訪問看護ステーションなら新卒でも可能

病院に就職すれば、新卒で訪問看護を担当する機会はほとんどありません。

しかし、訪問看護ステーションに所属すれば、新卒でも訪問看護を行うことが可能です。

研修会や先輩との同行を経て、技術と知識を身に付けていくことができれば一人前の訪問看護師になれるでしょう。

 

訪問看護の看護師の本音

実際に、訪問看護師をしている方々はどのような思いを抱いているのでしょうか。

人間関係のストレスが少ない

看護師として最も抱えやすい悩みが、「人間関係のストレス」です。しかし、訪問看護師は基本的に一人で活動するため、そのストレスがほとんどありません。

医師や薬剤師など、その他の医療関係者との関わりも少ないため、職場内のトラブルはあまりなく、その点では働きやすい環境である場合が多いようです。

時間や身体の制約があっても働きやすい

看護師は力仕事も多く、時間も不規則なことが多い職業です。人手不足の現場が多いため、妊娠、出産、子育てなどで制約が多くなると辞めざるを得ない場合も。

しかし、訪問看護であれば担当の数を調整し、施設によっては内勤業務に異動してもらえることもあり、時間や体調に制約がある人でも自分に合わせた働き方ができるようです。

責任が重く、常に緊張感を持っていなければならない

https://twitter.com/AvLymS8jrXMExKa/status/1148783049028431872?s=20

 

訪問看護は楽な仕事かと言われれば、決してそうではありません。一人で担当先を回る分、常に責任と緊張感が付きまといます。

場合によっては、自分の判断が利用者の体調を左右する可能性もあります。

また、自分の些細な発言や行動が、一瞬で利用者との信頼関係を壊してしまう場合もあります。

病院で勤務する看護師とは違った大変さが、訪問看護師にはあります。

訪問看護の仕事を探すなら転職エージェント

訪問看護の仕事は会社によって働く環境や給与大きく変わるため、転職エージェントでおすすめの会社を紹介してもらう方法が一番確実です。

おすすめの転職エージェントをいくつか紹介します。

マイナビ看護師

大手求人サイトのマイナビも、看護師専門の求人サイトを運営しています。

地域を絞った検索もしやすく、それぞれの施設にキャリアアドバイザーのコメントが記載されているため、イメージしやすい点がメリットです。

無料登録をすれば、訪問看護師に関するガイドブックをもらえるようです。

マイナビ看護師|転職先の情報をチェックしてから応募したい方に
5.0

マイナビ看護師

大手マイナビグループが運営する 看護師に特化した転職サイト。キャリアアドバイザーの力量も高く、利用者満足度は96%。 転職先のミスマッチを減らすために、病院の雰囲気や労働環境まで詳細に確認できる。

・より多くの求人から転職先を探したい方
・転職先の情報をチェックしてから応募したい方

におすすめ!

総合評価 4.5

口コミ平均評価 4.0

編集部評価 5.0

対応エリア

全国

公開求人数

28,000件以上

初めての転職や慣れていない方にオススメ
20代/女性

評価:  5.0初めての転職だったため、一人ではなかなか良い求人を見つけることができませんでしたが、『マイナビ看護師』さんが私の条件に合う求人を沢山紹介して下さり、希望通りの病院へ就職することができました。キャリアアドバイザーの方のアドバイスや対応が早く適切で、内定を頂けるよう共に頑張って下さり、とても心強く助けられました。私のように転職活動に慣れていない方に是非使ってほしい転職サイトです。

マイナビ看護師の口コミと評判
看護業界を熟知していて、希望に沿った求人を紹介してくれました
30代/女性

評価: 4.5求人の質量共に十分だと思います。またカウンセラーの対応も迅速です。看護業界について熟知していて、『マイナビ看護師』の方はこちらの希望に沿った求人を紹介してくれます。またヒアリングにかなりの時間をかけて、重要な点はきちんと確認する念の入れようです。離職率を下げようという試みを随所に感じます
転職に関しての相談会もあり、きめ細かいアドバイスがもらえました。基本的に離職率の低い求人しか紹介しないという方針なのもうれしいです。

看護のお仕事

看護師に特化した求人サイトである看護のお仕事では、訪問看護師についての求人も豊富です。

看護師専門だからこそ、訪問看護についての知識や施設との提携も厚く、様々な情報を持っていることが強みの一つです。

支店も多く、しっかりとサポートを受けられます。

看護のお仕事|初めての転職でも安心!アドバイザー満足度No.1
4.8

看護のお仕事は、月間登録者数20万人以上を誇る、国内でも有数の看護師転職サイトです。 アドバイザーによる手厚いサポートに定評があり、

・ワークライフバランスを意識した職場を探す方
・手厚いサポートを受けて転職活動を行いたい方

 におすすめ!登録者の転職成功に最も親身になってくれる。

総合評価 5.0

口コミ平均評価 4.5

編集部評価 5.0

対応エリア

全国

公開求人数

110,000件以上

無理のない、希望通りの職場を紹介してくれた
30代/女性

評価:  5.0年齢が上がると体力的にも新しい環境が大変そうなので、今のうちに理想の環境を整えたいって思って転職を考えました。看護のお仕事』は対応が早かったし、細かい質問もちゃんと病院側に失礼なく聞いてもらえたので、忙しい中でも転職がスムーズにできたと思います。今は夜勤も入っていますが、もし結婚・出産をしたらそれに合わせた勤務に変更もできるらしいのでずっと長く働けそうです。

『看護のお仕事』の口コミと評判
子育て中のママに優しい
30代/女性

評価: 4.5シングルマザーになって1年。子供の将来のことを考えるともう少し稼ぎたい。そこで、院内託児所があり、待遇の良い病院を探して『看護のお仕事』に登録しました。キャリアアドバイザーの方は、自分が求めていた情報よりもっと詳しく、子育て中の看護師さんの人数や、急なお休みへの理解などの子育て環境を教えてくれました。給与は前より少し上がる程度ですが、育児補助と家族手当など合わせると安心できる額になり、非常に満足しています。ありがとうございました。

ベネッセMCM

大手企業ベネッセグループの一つであるベネッセMCMは、医療・介護に特化しています。

看護師、介護士などの人材紹介はもちろん、全国で300以上の介護施設を運営していることもあり、そのノウハウは転職活動をするうえで大きな武器になります。

限られたエリアでの展開ではありますが、参考になる情報が多いことが特徴です。

 

訪問看護の仕事を探す時の注意点

最後に、訪問看護の仕事を探すときに気を付けなければならない点をご紹介します。

オンコール体制について

 

訪問看護師には夜勤はありませんが、利用者の万が一に備えて交代でオンコール体制をとっているステーションが多いようです。

どのくらいのペースで担当が回ってくるのか確認しておいた方がいいでしょう。

災害時の対応について

 

1日でも訪問しなければ命に関わる方もいます。災害時にはどのような対応をするのか、所属する施設によって変わるので注意が必要です。

緊急の場合の対応について

 

滅多にないことではありますが、身の危険が及ぶことも絶対にないとは言えません。万が一の場合、どのような手段をとればいいかについて確認しておいた方がいいでしょう。

 

まとめ

今回は、訪問看護師の仕事内容、そして置かれている現状について説明しました。

今後、全国で訪問看護を取り入れる病院は増えていくと思われます。病院看護師と違って、利用者の生活全般までサポートする点は訪問看護師ならではの仕事です。

また、利用者やその家族とも強い絆で結ばれることもあります。

在宅療養をしている方は精神的な不安や、不自由を感じています。サポートするのは決して楽なことではありませんが、病院では得られないやりがいや看護師としての総合的なセンスが磨かれます。

「もっと患者さんに寄り添った看護をしたい」「やりがいのある仕事をしたい」と考えている方は、一度検討してみてください。

最新情報をチェックしよう!
>看護師の転職・キャリアアップに強い転職サイト

看護師の転職・キャリアアップに強い転職サイト

看護師の転職には、看護師専門の転職サイト、転職エージェントを使うのが一番効率が良い方法です。 実際の利用者の口コミを読みながら、満足度の高い看護師転職サイト・転職エージェントへ登録し、今よりも働きやすい職場への転職活動を始めましょう!

CTR IMG
看護師におすすめの転職サイト人気ランキング