看護師が年収1000万円稼ぐには?稼ぐ看護師の特徴と1000万円が目指せる環境

給料がいいと言われる看護師ですが、年収1000万円を目指すことは可能なのでしょうか?

平成30年度の賃金構造基本統計調査によると、全国の正看護師の平均年収は470万1,800円です。

企業規模計 年収換算 きまって支給する
現金給与額
年間賞与
その他特別給与額
看護師 10~99人 4,372,500 312,600 621,300
100~999人 4,595,000 320,700 746,600
1,000人以上 5,137,900 349,300 946,300
平均 4,701,800
准看護師 10~99人 3,929,900 275,800 620,300
100~999人 4,021,200 279,200 670,800
1,000人以上 4,657,900 309,300 946,300
平均 4,203,000

参照元:賃金構造基本統計調査を元に作成

 

これだけ見ると年収1000万円は手が届かないように思えそうですが、看護師の中にはそれだけの高収入をもらっている人もいます。

では、どのように年収1000万円を稼げるようになるのか見ていきましょう。

 

1問目/3問中
あなたの性別は?

 

看護師で年収1000万円を稼げる人や環境は?

看護師_年収

まず、年収1000万円を稼ぐのはどんな人で、どんな環境で働いているのか見ていきましょう。

年収1000万円を稼ぐ看護師の特徴

高額な収入を得るためには、給料をアップするか、労働時間を増やすかしかありません。

毎日何時間も残業して、さらに休日もかけもちで仕事をすれば1000万円も狙えるかもしれません。

ただ、休みなく働くのは体力的に現実的ではありません。そうなると、給料を上げていく方法が残されます。

一昔前なら長い年数働けば給料は増えていきましたが、能力が重視される時代になってからは、ただ漠然と働くだけでは大幅な収入アップは難しいでしょう。

 

では、どうすれば収入を大きく伸ばすことができるのでしょうか。
それは、働く場所の中で、「この人でなければならない」という存在になることです。

 

誰でもできる仕事は市場の中での価値が低いため、どうしても給料が安くなりがちです。

逆に言うと、ごく少数の人しかできない仕事は価値が高く、それに見合った報酬がもらえます

看護師以外の資格がある、管理職として有能、英語力があるなど、人より飛び抜けたものが必要になってきます。もしその能力がいくつもかけあわさっていれば、より希少価値を高めることができるでしょう。

年収1000万円とは、そういったものを持つ人が目指していける領域です。

では、実際にそれだけお金をもらっている看護師はどこで働いているのか見ていきましょう。

高年収の病院で働いている

もともと給料がいい病院で働く看護師は、高収入を狙えます。

例えば、病床数の多い病院のほうが給料が高い傾向があります。

また、働く地域によっても収入は変わります。

日本看護協会による2017年病院看護実態調査では、大卒の新卒看護師がもらう予定初任給(月額)が都道府県別に出ています。

そのデータによると、最も低い宮崎県が188,801円、大阪府が215,408円と最も高いという結果でした。

表:都道府県・新卒看護師の予定初任給

回答病院数 平均基本給与額(円) 平均税込給与総額(円)
3,133 207,013 273,854
北海道 195 200,911 264,443
青森県 50 196,310 254,696
岩手県 34 201,565 257,191
宮城県 56 204,255 263,817
秋田県 24 203,426 249,636
山形県 44 209,988 261,407
福島県 49 199,692 262,347
茨城県 65 203,571 273,560
栃木県 38 207,539 273,799
群馬県 48 203,593 276,631
埼玉県 113 214,608 289,342
千葉県 134 216,392 294,335
東京都 223 216,366 298,711
神奈川県 142 220,033 296,404
新潟県 60 203,497 260,728
富山県 41 207,690 261,999
石川県 43 204,602 268,185
福井県 31 202,498 265,559
山梨県 23 207,728 273,604
長野県 52 210,245 271,866
岐阜県 48 211,093 278,183
静岡県 73 213,211 294,296
愛知県 118 212,759 286,724
三重県 45 209,907 278,299
滋賀県 37 212,525 291,363
京都府 79 211,080 279,299
大阪府 168 215,408 289,401
兵庫県 151 211,621 286,250
奈良県 33 213,475 284,888
和歌山県 25 207,956 263,318
鳥取県 20 203,565 263,081
島根県 25 203,676 259,349
岡山県 89 206,050 265,702
広島県 105 200,413 261,480
山口県 51 199,704 258,795
徳島県 18 203,899 267,872
香川県 30 203,965 261,789
愛媛県 40 201,630 256,093
高知県 36 201,158 258,888
福岡県 139 200,569 259,695
佐賀県 27 192,873 256,350
長崎県 60 192,814 258,376
熊本県 80 189,607 247,118
大分県 44 198,377 253,865
宮崎県 35 188,801 239,487
鹿児島県 51 196,687 242,435
沖縄県 36 195,264 257,312
無回答・不明 5 203,160 262,580

引用:2017 年病院看護実態調査、日本看護協会調査研究報告

働く地域で、最初から約3万円も差があるのです。同じ病院と言っても、病床数、地域、によっても給料は変わります。

新卒で給料があまり高くないところに就職すると、大幅な収入アップは見込めないかもしれません最初からできるだけ給料が良い病院のほうが狙い目です。

ただ、管理職になると大幅に給料が増えるという病院もあるので、可能であれば調査したほうが良いでしょう。

役職に就いている

看護部長や師長などの管理職では、大幅な収入アップが見込めます。

基本給が増えることはもちろんですが、役職手当という形で給料がプラスされます。

看護部長になれば年収1000万円以上を期待できますが、病院によっては師長クラスでそれくらいもらえるところもあるようです。

少し古いデータになりますが、『2012年の病院勤務の看護職の賃金に関する調査報告書』では、基本給月額が90~100万円未満と回答した看護部長(専任)がいます。

副院長を兼任する看護部長になると、基本給だけで100万円以上という回答もありました。

基本給だけで90万円以上あれば、1年で1000万円以上の計算になります。

この結果から言えることは、看護部長になれば年収1000万円を稼ぐ人も確実に存在しているということです。

参照元:2012年病院勤務の看護職の賃金に関する調査報告書、日本看護協会

経営者クラスの看護師になる

看護部長など、経営に関わるポジションになれば、大幅な給料アップを期待できます。

また、看護部長が副院長を兼任するという病院もあり、その場合にはさらなる昇給が見込めるでしょう。

看護部長の専任よりも、副院長を兼任する、もしくは専任の副院長になるほうが、給料が高い傾向にあります。

病院の看護管理者に、病院内で各職位ごとに基本給が最も高い者の基本給月額を尋ねた
ところ、管理職の基本給月額の平均は、副院長(専任)65 万 5,071 円、副院長(看護部長
兼任)52 万 6,212 円、看護部長(専任)42 万 7,573 円であった。
引用元:2012年病院勤務の看護職の賃金に関する調査報告書、日本看護協会

また病院ではなくとも、訪問看護ステーションや医療系の会社を経営になる看護師もいます。

自分がトップになれば、業績次第で年収も伸びていくでしょう。

 

看護師が年収1,000万円を稼ぐには?

では、看護師が現在の職場で年収1000万円を目指すには、どうすればよいのでしょうか。

具体的な方法を見ていきましょう。

副院長を目指す

副院長になれば年収1000万円を超えるチャンスがあります。

看護部長が副院長を兼任する病院もあるので、そのポジションを狙う価値はあります。

ただ、看護部長になるなら、実力、実績、信頼、時には運など、さまざまな要素が必要になります。

看護部のトップなので、同じ院内の看護師の中で「一番ふさわしい」と認めてもらわなければなりません。

看護部長になりたいという思いだけで、簡単になれるものではないでしょう。

また、

  1. 認定看護師
  2. 専門看護師の資格を持っていたり
  3. 大学院を卒業している

という経歴も必要になるかもしれません。

もし看護部の中で上を目指すのであれば、「認定看護管理者」という資格を知っておくべきです。

認定看護管理者とは、日本看護協会が定める資格で、このように規定されています。

認定看護管理者とは本会認定看護管理者認定審査に合格し、管理者として優れた資質を持ち、創造的に組織を発展させることができる能力を有すると認められた者をいいます。
引用元:資格認定制度 | 日本看護協会 ≫ 認定看護管理者

管理者として組織の発展に貢献できる看護師になることは、出世への近道になるでしょう。

病院の経営に関わるポストを目指す

病院の経営陣は院長、副院長だけではありません

例えば、事務長など看護部以外のポジションでも大幅な収入アップを期待できます。病院の事務長の求人を実際見てみると、1,000万円を超えるものもあります。

参照元:求人ボックス、病院-事務長の仕事(2019年11月時点)

もし経営に関わろうと思うなら、MBA(経営学修士)も視野に入れると良いでしょう。

MBAとは
大学院で経営学の修士課程を修了するともらえる学位のことで、最近ではMBAを取得した看護師も珍しくありません。

楽天の三木谷浩史、DeNAの南場智子、資生堂の魚谷雅彦など、一流企業の経営者がMBAを取得して活躍しています。経営を学問として学ぶことで、看護師でもプロの経営者として活躍できる可能性があります。

自己資産で投資をする

看護師は役職がつく前でも、夜勤手当などにより高収入が期待できます

  1. 節約した生活をすれば、手元にお金が貯まっていきます。
  2. 余った資金を投資に回すことで、入ってくるお金を増やすという選択肢もあります。

投資方法として、株、国債、投資信託、FXなどがありますし、アパートやマンションなどの不動産経営をすることもできます。職場からの収入が増えなくとも、投資による利益が出れば、トータルで年収1000万円を超える可能性があります。

副業で稼ぐ

その他には、本業の他に仕事をすることで収入をプラスすることもできます

休みの日に働くのはつらいかもしれませんが、楽をしてお金が稼げるなんてことはありません。ただ、副業を本気で取り組んだとしても、本業と合わせて年収1000万円を目指せるかどうかはわかりません

本業が年収500万円だったとしたら、1,000万円まであと500万円です。

 

例えば・・・年間の休日が120日で、休みをすべて仕事に使うとします。そうすると、1日で約42,000円の収入を得る必要があります。ただこれほどの収入を副業だけで得るとすると、単純労働では非現実的ですよね。投資や経営のように、労働ではない方法を見つけるほうが現実的です。

 

労働でも投資・経営でもそうですが、現在の職場の就業規定に違反しないことが大前提です。

もし違反した場合、厳しい処分をされることも考えられますので、しっかり確認してから取り組むことをおすすめします。

 

看護師が年収1000万円を目指すために、転職で狙う職場は?

これまでは、今の職場を変えずに収入をあげていく方法を説明しました。ここからは、転職して年収1000万円を狙える職場を紹介していきます。

美容外科クリニック

美容外科クリニックは、病院に比べて給料水準が高く、年収1000万円を目指せる職場です。もともとの給料が高いうえに、仕事の実績に応じて歩合で報酬がもらえることもあります。

仕事の評価は、営業成績がいい例です。

例えば、患者さんにクリニックの化粧品やレーザー脱毛をおすすめし、プラスの施術をしたとします。そうすればクリニックの利益に貢献したとして、その一部があなたの収入になります。

営業成績が良ければ、給料も増えていき、頑張れば年収1000万円を目指すことができます。

臨床開発モニター

臨床開発モニター(Clinical Research Associate=CRA)は、新薬の治験が適切に行われるようにサポートする仕事です。働く場所は、製薬会社やCROなどがあります。

CROとは・・・製薬会社から医薬品開発における臨床試験や製造販売後調査の業務を受託している企業のこと

臨床開発モニターで経験を積み、管理職になれば年収1000万円を超えることもあるようです。求められる能力は、高いコミュニケーションスキルと英語力、基本的なITの知識などです。

看護師を経験してから、必要な能力を身につけて転職するのも1つの方法です。

訪問看護ステーションの管理者

看護師の転職先には、訪問看護ステーションの管理者という選択肢もあります。特別な資格もいらず、看護師経験があればいきなり管理者になることができます。「未経験者可」という募集もあります。

ステーションの管理者になれば、業績次第で年収1000万円も夢ではありませんが、人員の確保や新規営業、経営など幅広い能力が求められます。

ただやはり訪問看護の経験がまったくない状況だと、多くの困難があるでしょう。

最初から管理者になるのもいいですが、まず訪問看護スタッフとして経験を積んでから管理に関わっていく、という順番のほうが堅実かもしれません。

 

年収1000万円に近い求人がある看護師転職サイトは?

では、年収1000万円に近い求人なんてあるのでしょうか。求人には、「公開求人」と「非公開求人」があります。サイトに登録しないと見ることができない非公開求人は、高収入や好条件つきの求人があると言われています。

年収1000万円に届くほどの高収入の職場であれば、非公開求人として募集している可能性があります。

ここでは、非公開求人の多い転職サイトをあげていきます。

医療ワーカー|年収1,000万円クラスの求人の存在は確認できる

医療ワーカー01

公式サイト:https://iryouworker.com/

「年収1000万円」という求人を多く取り扱うのが「医療ワーカー」です。ただ、実際のサイト上における公開求人には「年収500万円」「お問い合わせください」とだけ書かれた求人しか出てきません。

具体的な年収や、非公開求人を知りたいのであれば、登録して確認してみましょう。

医療WORKER|楽天リサーチ3年連続支持率No.1
3.0

医療ワーカー

転職実績件数30,000件以上。看護師の利用満足度97%。看護師が理想の職場に出会うために、完全専任制、出張面談、面談同行のサポート体制を敷いています。スキルアップ、ライフワークバランス、人間関係等、
看護師さんには様々な事情・状況に対して、公開・非公開求人含む数多くの求人の中から貴方だけの求人情報をお届けします。

総合評価3.5

口コミ平均評価 3.0

編集部評価 3.5

対応エリア

全国

公開求人数

83,000件以上

美容外科求人ガイド|美容クリニックへの転職に強み

美容外科求人ガイド

公式サイト:https://www.biyou-nurse.jp

美容外科への転職を考えるなら、美容クリニック求人数No.1の「美容外科求人ガイド」がおすすめです。看護師転職サイトは、看護師が働ける職場を広く紹介しています。

反対に美容外科求人ガイドでは、美容外科に特化した求人を紹介してくれるので、はじめから美容の分野に絞った転職活動ができます。

『美容外科求人ガイド』夜勤なし!美容クリニック専門の転職サポート
4.5

美容外科求人ガイド

【美容業界トップクラスの求人数】
・きれいな美容クリニックで働きたい
・最新の美容医療を勉強したい!
・日勤のみのクリニックで働きたい! など

マイナビ看護師|圧倒的な求人数を保有

マイナビ看護師_ロゴ

公式サイト:https://kango.mynavi.jp/

看護師転職サイトで有名なのが、3年連続認知度No.1を誇る「マイナビ看護師」です。

東証一部上場のマイナビという人材会社が運営しており、電車や街の広告でもよく見かけると思います。

「職業紹介優良事業者」という、厳しい審査基準をクリアした事業と認められています。

採用の担当者だけではなく現場の看護師からも職場の状況を聞いているようで、実際の環境を踏まえて、ニーズに合った求人を紹介してくれるでしょう。

マイナビ看護師|転職先の情報をチェックしてから応募したい方に
5.0

マイナビ看護師

大手マイナビグループが運営する 看護師に特化した転職サイト。キャリアアドバイザーの力量も高く、利用者満足度は96%

・より多くの求人から転職先を探したい方
・転職先の情報をチェックしてから応募したい方
総合評価 4.5

口コミ平均評価 4.0

編集部評価 5.0

対応エリア

全国

公開求人数

28,000件以上

初めての転職や慣れていない方にオススメ
20代/女性

評価:  5.0初めての転職だったため、一人ではなかなか良い求人を見つけることができませんでしたが、『マイナビ看護師』さんが私の条件に合う求人を沢山紹介して下さり、希望通りの病院へ就職することができました。キャリアアドバイザーの方のアドバイスや対応が早く適切で、内定を頂けるよう共に頑張って下さり、とても心強く助けられました。私のように転職活動に慣れていない方に是非使ってほしい転職サイトです。

マイナビ看護師の口コミと評判
看護業界を熟知していて、希望に沿った求人を紹介してくれました
30代/女性

評価: 4.5求人の質量共に十分だと思います。またカウンセラーの対応も迅速です。看護業界について熟知していて、『マイナビ看護師』の方はこちらの希望に沿った求人を紹介してくれます。またヒアリングにかなりの時間をかけて、重要な点はきちんと確認する念の入れようです。離職率を下げようという試みを随所に感じます
転職に関しての相談会もあり、きめ細かいアドバイスがもらえました。基本的に離職率の低い求人しか紹介しないという方針なのもうれしいです。

 

まとめ

安定した収入が得られる看護師とはいっても、年収1000万円という大台を目指す道のりは簡単ではありません。

そのためには、人と違う行動をする必要があります。

今回の記事の中で、「これならできそう!」と思うものがあればぜひ試してみてください。

最新情報をチェックしよう!

看護師の転職・キャリアアップに強い転職サイト

看護師の転職には、看護師専門の転職サイト、転職エージェントを使うのが一番効率が良い方法です。 実際の利用者の口コミを読みながら、満足度の高い看護師転職サイト・転職エージェントへ登録し、今よりも働きやすい職場への転職活動を始めましょう!

CTR IMG
看護師におすすめの転職サイト人気ランキング