NICUの看護師を辞めたい!転職を考える6つの理由と退職前にできる対処法

NICU(新生児特定集中治療室)とは、超低出生体重児をはじめ、呼吸器疾患や心臓疾患など先天性の障害を持って生まれてきた新生児が治療のために入る、専用の集中治療室のことです。

NICUに入る新生児はとても小さく、常に予断を許さない状態であるケースが多いです。そのため、NICUで働く看護師の仕事には、新生児が回復した時の喜びが大きい反面、常に緊張感の漂うハードな一面もあります。

今回は、医療・介護福祉・歯科の総合求人サイトに上がる声を元に、NICUの看護師が辞めたい・転職したい理由についてまとめてみました。

また後半では、すぐに退職するのではなく、辞める前にできる対処法や、それでも辞めたい!となった場合の転職先についてもご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください!

 

1問目/3問中
あなたの性別は?

 

NICUで働く看護師の実態と現状

まずは、NICUの看護師の仕事の現状について見ていきましょう。NICUの看護師の仕事は、通常の看護師の仕事とどのように違うのでしょうか。

夜勤が多い

NICUでは、常に新生児3名に対して看護師1名が担当する体制を厳守しなければなりません。つまり、夜の時間帯でも日勤と同じ数の看護師が必要になるということです。そのため、他の病棟に比べて看護師の夜勤の回数が必然的に多くなってしまいます。

シフトは病院によって様々ですが、主に3交代制、2交代制の2種類があります。

3交代制の場合は、日中に勤務した数時間後に深夜勤務で出勤することがあり、休みが十分に取れないまま次のシフトに入るケースもあります

2交代制は、NICUという常に緊張を強いられる環境で12時間過ごすことになるため、身体的、精神的に3交代制よりも負担が大きいと言えます。

家族に対するケアも必要

出産直後から赤ちゃんと離れて過ごす母親は、非常に不安定になります。「赤ちゃんに会いたい、抱っこしたい」という気持ちだけでなく、「自分のせいで病気になってしまったのではないか」と自身を責めてしまうものです。

NICUで働く看護師には、赤ちゃんの家族を精神的に支えられるような高いコミュニケーション力も求められます

また、長期で入院する新生児の家族の中には、病院の対応などに不満を抱き、看護師に対して辛い態度をとる人や、きつい発言をする人もいます。そのような時も、「これも仕事だから」と割り切れる心の強さも必要になります。

常に新生児を注意深く観察しなければならない

大人とは異なり、自分の言葉で訴えることのできない新生児。その上、少しの環境の変化でも体調が変わってしまうので、看護師には些細な変化も見逃さないよう細心の注意が求められます

NICUは、赤ちゃんのバイタルサインはもちろんのこと、小さな体の動きや皮膚の色、泣き声などを丁寧に観察しなければならない、非常に緊張感のある現場です。

また、新生児の呼吸機能や循環機能に異常がないかを表す指標として、複数のモニター機器が備えられています。

そのモニターを常にチェックし、「今後何が起こりうるか」を予見しながら行動する力も必要とされます。異変が起こった際には、落ち着いて迅速に対応しなければなりません。

新生児の死に立ち会うこともある

NICUでは、元気になり退院していく新生児がいる一方で、やむなく亡くなってしまう新生児もいます。

医療従事者は赤ちゃんの命を守るために全力を尽くしますが、その努力も空しく赤ちゃんの死に直面すると、「もっとできることがあったのではないだろうか」と後悔するのです。

看護師は、新生児とその家族に最も近い存在なので、家族の悲しみや喪失感、後悔の気持ちが痛いほどわかってしまいます。NICUで働く看護師には、その死を乗り越え、次の看護に生かしていく前向きな姿勢も求められます。

NICUの看護師が辞めたい理由6つ

新人が看護師を辞めたい理由

ここからは、NICUの看護師が辞めたくなる理由6選を紹介します。実際にNICUで働いている看護師は、NICUでの仕事をどのように感じているのでしょうか。

赤ちゃんのその後の様子が分からない

新生児がNICUを退院した後の状態はNICUで働く看護師には伝わってこないため、その後の経過がわからず、やりがいを感じにくいという一面があります。

必死に救った新生児が元気に過ごしているとわかるだけでモチベーションの向上にもつながりますが、実際には新生児が退院した後に看護師と再び顔を合わせる機会は少ないようです。

ピリピリした空気のせいで人間関係が上手くいかなくなる

NICUの看護師は24時間、常に細心の注意を払い、おむつ交換や沐浴、授乳など、一つ一つの処置をとても優しく丁寧に、かつ迅速に行う必要があります。

そのような緊張感が漂う現場にいることで看護師の神経が高ぶり、ピリピリした空気になります。それが原因で人間関係が上手くいかなくなり、転職を考えるケースもあるようです。

新生児の死に直面する過酷な現場

https://twitter.com/news4happy/status/861201562043006976

NICUは常に死と隣り合わせの現場です。数分前まで何事もなく元気にしていた新生児の容態が急変することも少なくありません。

そのような厳しい現場で働く看護師には精神的に大きな負担がかかります。NICUで働くためには、上手く気分転換し、仕事に前向きに取り組むための心の強さが必要です。

夜勤時の緊張感に耐えられない

夜間の仕事は精神的にも肉体的にも非常に負担がかかります。

ただでさえしんどい夜間の仕事に加えて、NICUの看護師は「一つのミスも許されない」という緊張感を持ち続けなければなりません

他の病棟とは違うNICUの夜勤勤務の大変さを経験し、転職を考えることもあるようです。

家族へのサポートを負担に感じる

先述したように、新生児の家族からの相談や意見を受け止めるのもNICUの看護師の大切な役割の一つです。

新生児に丁寧な処置を施すと同時に、家族の心のサポートもすることは想像以上に大変です。強い精神力が必要とされるため、そのことに負担を感じ、「辞めたい」と感じてしまうこともあるようです。

重い責任がのしかかる

大人であれば話すことで解消できる問題も、新生児が相手ではそうはいきません

そのため、何かトラブルがあった時は赤ちゃんと直接接している看護師が責任を問われてしまうのです。NICUで働く看護師は、「何としても赤ちゃんを助けたい」と思って仕事をしているでしょう。

赤ちゃんが無事に退院した時には大きな喜びとやりがいを感じることができます。でも、NICUでの勤務はストレスが多く、うまく気持ちの切り替えができない人には辛い仕事かもしれません。

 

NICUの看護師を辞めたいけどまだ悩んでいる場合の対処法

看護師を辞めたいのは『NICU勤務』から部署異動をすれば済む問題ないのか、クリニックなどへの転職をしたいのか、一旦考えてみることも大事です。

有給があれば取得して一旦休んでみる

辞めたいと気持ちが強すぎると、心がどんどん荒んでいくので、有給休暇余っていれば、まずは取得して仕事から離れてみましょう

職場で悩んでいることや、辞めたいと思っていることを友人に話すだけで、気持ちが晴れることも多いですし、スポーツや趣味に時間をつかって心をリフレッシュするのも有効です。

部署異動をお願いしてみる

もし過酷な現場でこれ以上は耐えられない、頑張れない何かしらの理由があれば、一旦部署異動も検討してみましょう

異動はそう頻繁に行われるものではないので、タイミングが合えばというかたちにはなってしまいますが、異動すれば新しい環境で、気持ちも大きくリフレッシュした状態で取り組めると思います。

やっぱり辞めたいとなれば転職しよう!

今の病院をやっぱ辞めたいと思ったときは、前向きに転職を考えましょう。辞めたいと思っている職場で嫌々働き続ける意味も必要はありません。

積極的に転職を考えてみましょう。簡単に辞めるのは「逃げ」ではないか、と考えてしまう場合もあるとは思いますが、そんなことはありません。より自分に合った会社を見つけるのが転職です。

つまり、転職は非常にポジティブな行為なのです。

看護師を辞めたい方必見!主な理由と対処法|転職を決意したらやるべき準備

 

NICUの看護師から転職する場合|美容クリニックなどへの転職はおすすめ?

クリニックは病床数が19床以下の小規模な医療施設のことですが、夜勤勤務などがない関係上、手当てがないので給与が下がりますが、日勤なので規則正しい生活が送れたり、ブランクがあっても働けるといったメリットも多いようです。

看護師1年目で現在大学病院のNICUで勤務しています。美容外科の転職を考えています。入職してもうすぐ4ヶ月になろうとしていますが、5月の時点で辞めたいと思うくらい病棟での看護がしんどくなってしまっています。

そこで元々興味があった美容クリニックに転職して点滴の手技を身に付けたいと言う考えと同時に一般病棟に異動して経験しておくのもありかなと思ったり、迷っています。美容クリニックに行きたい気持ちが強く、転職しようかなと考えているのですが、看護師1年目で美容クリニックに転職した方や似たような経験をされた方などアドバイスを頂きたいです。。

引用元:Yahoo!知恵袋

美容クリニックへの転職はスキルも求められないので転職はしやすい

転職進めます!

理由は、N I CUは夜勤もあり仕事内容も命を預かり大変な仕事だからです

ほぼNの先輩方は、辞めていきました。自分の命をかなり削ったよねーなんて話しています。

美容外科は、若いうちが花の職業で、給料もよく、すごく良かったと知り合いは言ってましたよ。点滴技術なんて、転職先で指導受ければ、きちんと覚えられますから、大丈夫ですよ。どこでもいいですが、望むなら、N以外に転職進めます。

ナース以外の仕事もいいですよ。

要は何を優先するか。

引用元:Yahoo!知恵袋

クリニックで働くには、正直そんなにスキルなんて必要ないですよ。

顔で選ぶクリニックも多いですし、採血は数をこなせば誰でも出来ます。

NICUでの知識で十分だと思います。

それよりも、馴れた場所での勤務で、お子さんができても無理なく働けるところのほうがいいですよ。

クリニックは結構人間関係が難しいのでストレスも多いです。

引用元:看護のお悩み相談室

クリニックは常勤で3年、バイトで2年働いたことがあります。

いろんなクリニックがあると思うので、参考程度にみてくださいね!

【メリット】

夜勤がないので体力的に楽

残業が少ない

仕事量のわりに給料がいい

昼休みが長いので帰って昼寝できた

急変がないので精神的にも楽

夏休み、年末年始の休みが長い

【デメリット】

苦手なスタッフと毎日顔を合わせる

急には休みにくい

年休がなかった

退職金制度がなかった

掃除などの雑用が多い

って、感じでした!

引用元:看護roo!

皮膚科クリニック、耳鼻咽喉科の医院で働いていた方から

*メリット*

時給がいい

休みの融通がきく

週に1回は休診日があり日曜は必ず休み

人数が少ない分、チームワークよく働ける

患者さん自体が、軽傷であり、毎週受診されるので顔なじみになり覚えやすい

日勤のみで午前診・午後診だから家に1回帰れる余裕もある

食事会とか医院もちでしてくれる(定期的)

*デメリット*

院長の考え・方針により業務形態が急に変わる(急に電子カルテになったり、

急に休診日の変更)

チームワークはいいけど、受付2人のわりに、看護師は自分1人の為、

採血や点滴の指示が出たら、テンヤワンヤする。

看護師のプレッシャーも多く、待ち時間が長くなれば怒る患者さんもいる。(予約通りに名前が呼ばれない場合)

医療用品や薬剤の在庫確認や発注や医療廃棄物の電話をしたりとする事が多い。(院内の掃除や使った器具の滅菌とかも含む)

ユニフォームや診察室のベッドカバーとかの洗濯

退職金制度はなし。その変わり寸志はあり。

受付が忙しそうであれば、看護師のポジションまでTELがあるから電話対応も時にしなきゃいけなかった。

引用元:看護roo!

 

クリニックなど、病院以外への転職にもオススメの転職エージェント

ナースではたらこ
3.6

2015年4月に20~40代を対象にした調査で『看護師人材紹介「満足度No.1」を獲得。多くの看護師さんに支持された転職サイト。全国各地の医療機関情報を網羅。日本最大級、看護師さん専門の転職・求人サービスです。

総合評価 4.0

口コミ平均評価 4.5

編集部評価 3.5

対応エリア

全国

公開求人数

90,000件以上

看護のお仕事|初めての転職でも安心!アドバイザー満足度No.1
4.8

看護のお仕事は、月間登録者数20万人以上を誇る、国内でも有数の看護師転職サイトです。 アドバイザーによる手厚いサポートに定評があり、

・ワークライフバランスを意識した職場を探す方
・手厚いサポートを受けて転職活動を行いたい方

 におすすめ!登録者の転職成功に最も親身になってくれる。

総合評価 5.0

口コミ平均評価 4.5

編集部評価 5.0

対応エリア

全国

公開求人数

110,000件以上

無理のない、希望通りの職場を紹介してくれた
30代/女性

評価:  5.0年齢が上がると体力的にも新しい環境が大変そうなので、今のうちに理想の環境を整えたいって思って転職を考えました。看護のお仕事』は対応が早かったし、細かい質問もちゃんと病院側に失礼なく聞いてもらえたので、忙しい中でも転職がスムーズにできたと思います。今は夜勤も入っていますが、もし結婚・出産をしたらそれに合わせた勤務に変更もできるらしいのでずっと長く働けそうです。

『看護のお仕事』の口コミと評判
子育て中のママに優しい
30代/女性

評価: 4.5シングルマザーになって1年。子供の将来のことを考えるともう少し稼ぎたい。そこで、院内託児所があり、待遇の良い病院を探して『看護のお仕事』に登録しました。キャリアアドバイザーの方は、自分が求めていた情報よりもっと詳しく、子育て中の看護師さんの人数や、急なお休みへの理解などの子育て環境を教えてくれました。給与は前より少し上がる程度ですが、育児補助と家族手当など合わせると安心できる額になり、非常に満足しています。ありがとうございました。

マイナビ看護師|転職先の情報をチェックしてから応募したい方に
5.0

マイナビ看護師

大手マイナビグループが運営する 看護師に特化した転職サイト。キャリアアドバイザーの力量も高く、利用者満足度は96%。 転職先のミスマッチを減らすために、病院の雰囲気や労働環境まで詳細に確認できる。

・より多くの求人から転職先を探したい方
・転職先の情報をチェックしてから応募したい方

におすすめ!

総合評価 4.5

口コミ平均評価 4.0

編集部評価 5.0

対応エリア

全国

公開求人数

28,000件以上

初めての転職や慣れていない方にオススメ
20代/女性

評価:  5.0初めての転職だったため、一人ではなかなか良い求人を見つけることができませんでしたが、『マイナビ看護師』さんが私の条件に合う求人を沢山紹介して下さり、希望通りの病院へ就職することができました。キャリアアドバイザーの方のアドバイスや対応が早く適切で、内定を頂けるよう共に頑張って下さり、とても心強く助けられました。私のように転職活動に慣れていない方に是非使ってほしい転職サイトです。

マイナビ看護師の口コミと評判
看護業界を熟知していて、希望に沿った求人を紹介してくれました
30代/女性

評価: 4.5求人の質量共に十分だと思います。またカウンセラーの対応も迅速です。看護業界について熟知していて、『マイナビ看護師』の方はこちらの希望に沿った求人を紹介してくれます。またヒアリングにかなりの時間をかけて、重要な点はきちんと確認する念の入れようです。離職率を下げようという試みを随所に感じます
転職に関しての相談会もあり、きめ細かいアドバイスがもらえました。基本的に離職率の低い求人しか紹介しないという方針なのもうれしいです。

 

まとめ

今回、NICUで働く看護師が転職を考える理由について説明しました。

NICUで働くと、精神的にも肉体的にも大きな負担がかかります。でも、NICUでは、他の職場では得ることのできない特別なやりがいを感じることができます。

https://twitter.com/yu_ki_2427/status/1151770566577152000

https://twitter.com/hju0QSXgbLkuR8z/status/962144100601360384

多くの看護師が、仕事のしんどい面と、大きなやりがいを天秤に掛けて悩んでいます

確かにNICUでの看護はやりがいのある仕事ですが、身体や精神を病むまで我慢するべきではありません。

NICUで鍛えられた精神力や技術は、他の現場でも生かすことができます。NICUで得た経験を糧に次のステージに向かって動き出すという選択肢もあるということをどうか忘れないでください。

最新情報をチェックしよう!
>看護師の転職・キャリアアップに強い転職サイト

看護師の転職・キャリアアップに強い転職サイト

看護師の転職には、看護師専門の転職サイト、転職エージェントを使うのが一番効率が良い方法です。 実際の利用者の口コミを読みながら、満足度の高い看護師転職サイト・転職エージェントへ登録し、今よりも働きやすい職場への転職活動を始めましょう!

CTR IMG