ICU_看護師

【経験者が語る】ICU(集中治療室)勤務の看護師になるには?仕事内容や給与・やりがいも紹介

野田裕貴
野田裕貴

ICUの看護師と聞くと、バリバリ働くデキるナースを思い浮かべることはありませんか?

ICUで働いた経験があると言うだけで、「じゃあ仕事ができる看護師なんだね!」と言われることもあります。

 

そのように優秀な看護師をイメージされることもありますが、実際はどうなんでしょうか。

今回は、ICUで働く看護師の仕事内容や給料についてお伝えします。これを読めば、あなたもそんな場所で働きたい、と思うようになるかもしれません。

 

1問目/3問中
あなたの性別は?

そもそもICU(集中治療室)とは?

野田裕貴
まず、仕事内容や給料をお伝えする前に、ICUとはどんなところなのか説明します。

ICUとは、英語の「Intensive Care Unit」の頭文字をとった略語で、日本語では集中治療室といいます。

手術後や急変により生命の危機にある患者を集中的に治療をする部署です。

集中治療のために、厳密な診療体制とさまざまな医療機器(心電図モニター、人工呼吸器、人工心肺など)が整備されています。

 

ICU(集中治療室)のリアルな現場|仕事内容はこんな感じです!

ICU

集中治療を行うためには医療チームの協力が必要で、看護師も多くの役割を果たします。

ICUのスタッフの中で、患者のベッドサイドで一番長く関わるのは看護師です。患者に対しては、モニタリングや薬剤投与、医療・看護処置、清潔ケアなどを行います。

 

野田裕貴
患者への関わりだけでなく、家族への援助、手術後の患者を受け入れるベッドの準備、ICUから退室される患者の申し送りなど、並行して行うことも多くあります。

 

具体的にどのような仕事があるのか、次の章で見ていきましょう。

1:患者状態のモニタリング

治療を行うためにはモニタリングは必須です。

心電図モニターでバイタルサインを常にチェックするのはもちろん、ベッドサイドでの全身状態観察も頻繁に行います。

採血の回数も一般病棟とは比べ物になりません。

 

野田裕貴

Aラインという動脈に挿入されたルートから採血ができるため、動脈血ガスのデータも簡単に調べることができます

他にも、画像データ、ドレーンの排液、人工呼吸器や人工心肺の数値など、ありとあらゆるものから情報を得て、全身状態を把握しています。

刻一刻と変わる患者状態を把握し、回復に向かっているかどうか、急変につながる兆候がないかをアセスメントしていきます。

データの変化、症状の出現などは、意識がない患者が訴える「声」です。

私たちはその小さな「声」を聞き逃さないように、正確なモニタリングをする必要があり、ICUにいると全身状態を把握するという「鋭い視点」が養われていきます。

2:患者への医療・看護処置

患者の全身状態を把握するためのモニタリングだけでなく、直接的に行う処置ももちろんあります。

  1. 創傷処置
  2. 気管内吸引
  3. 薬剤投与
  4. CVカテーテルや胸腔ドレーン挿入 など

さまざまなものがあります。

 

野田裕貴
緊急時には、気管挿管、気管切開、心臓マッサージ、場合によっては、普段なら手術室で行う開胸をICUで行うことも。

 

どんな状況にも対応できるように、十分なスタッフの配置、必要物品の準備・補充がされています。

3:医療機器の操作

集中的な治療をするためには、高度な医療機器を扱う必要があります

人工呼吸器や人工透析、人工心肺装置など、患者に使われる機械はさまざま。臨床工学技士が設定や操作をしてくれても、常にその場にいてくれるわけではありません。

アラーム対応や、医師の指示を受けての設定変更など、多くの場合は看護師が行わなければなりません

 

野田裕貴
操作方法や緊急時の対応など、医療機器についての知識も必要になるため、機械に強くなるというメリットがあります。

 

4:日常生活援助

高度な医療処置をする一方、ICUでも日常生活援助は欠かせません。

清拭や口腔ケアはもちろん、意識がある患者には、食事介助や排泄援助なども行います。モニタリングのための医療機器がついているため、事故予防をしながらの援助になります。

 

野田裕貴
ICUと言うと最先端医療や高度医療機器が目立つかもしれませんが、そこにいるのは私たちと同じように生活をする人間です。

看護師が行う基本的なケアは、一般病棟もICUでも変わりはなく、勉強してきた看護技術を活かすことができます。

5:家族への援助

患者への対応だけでなく、面会に来た家族への関わりも必要です。意識がなく話すことができない患者の代わりに、家族へ状況を説明するのは看護師です。

患者の状態が不安定な場合、精神的な援助も行います。

ICUで働く看護師には、家族を精神的に支えるための高いコミュニケーション能力も求められますが、危機的な状況に置かれた家族との関わりは、とてもやりがいのあるものです。

6:手術後のベッド準備、オペ出し

手術室からICUに入室される患者のベッドは、準備するものがたくさんあります。

酸素ボンベ、点滴棒はもちろん、手動で換気するためのアンビューバッグを持っていきます。

手術によっては、腹帯や体外式ペースメーカーなど必要なものも違います。

入室される予定の部屋には、人工呼吸器、メラサキューム(胸腔ドレーンの機械)、点滴、ドレーンの固定テープなども前もって置いておきます。

 

野田裕貴

手術後の患者の状態を予想しながらベッド、部屋を準備していくため、経験を重ねていくとさまざまな術式の知識もついてきます。

入室されるのとは反対に、ICUから手術の出棟に行くこともあります。その時には、物品や書類の準備をして手術室へのベッド搬送、申し送りを行います。

 

7:転棟の申し送り

ICUでは、病棟の看護師との申し送りも日々あります。

一般病棟で手術室に出棟し、術後はICUに入室される患者の場合、病棟での状態の申し送りを聞きます。

逆に、状態が落ち着いた患者がICUから転棟する時には、こちらから病棟看護師に申し送りをします。

 

野田裕貴

他部署のスタッフとやりとりをすると、当たり前のように使っていた言葉やシステムが通じないことも。

相手の置かれた病棟の特徴、経験などを考慮した上で伝える必要があるため、申し送りで必要な情報をやりとりする技術も身についていきます。

 

ICU看護師の平均年収は?

ICU_年収

ではさまざまな役割を果たすICUの看護師は、どれくらいの給料をもらっているのでしょうか。

看護師の平均年収とともに、見ていきましょう。

ICUは他の部署より給料が高いの?

平成30年度の賃金構造基本統計調査によると、全国の正看護師の平均年収は479万9300円です。

 

野田裕貴
対してICUの看護師の年収ですが、IUC勤務の看護師に絞った詳細な統計は出ていないようです。

ただ、「ICU看護師は年収約550万円前後」とサイトもあるので、参考程度にはなるかもしれません。

ICUは人員配置の特性上、夜勤の回数が多くなりがち。夜勤手当がたくさんつけば、その分給料が上がります

また、病院によっては「危険手当」のような特殊な手当がつくところもあるかもしれません。

もともと「危険手当」は、危険な状況で働く場合にもらえる報酬です。

手術室では放射線を浴びてしまったり、精神科では患者に暴力をふるわれる可能性があり、危険とみなされるため、プラスでお金がもらえることがあります。

ただ、これは病院や施設によって違うため、確認するには直接問い合わせてみるしかありません。

給料もだけど、やりがいも大切!

野田裕貴

もしICUの看護師に特別な手当てがなくても、がっかりしないでください。

お金をちょっと多くもらえるよりも、楽しく仕事ができるほうが、充実したライフスタイルを送ることができると思いませんか?

最先端の医療に直接触れ、患者の危機を救い、日々成長できるという環境はなかなかありません。ICUで働くという経験は、これからの看護師人生を考えた時に、貴重なものになっていくはずです。

 

ICU看護師になるには?

では、そんなICUの看護師になるためにはどうすればよいのでしょうか?

ここでは、具体的なステップを紹介します。

必要な経験年数働く

あなたの働く病院のICUは、新人も働いていますか?

最近では新卒で配属される病院もあるようですが、病棟を数年経験してからでないとICUでは働けないというところも。

少しのミスでも重大な悪影響を与える可能性があるため、経験を積んでから、という考えも仕方ないのかもしれません。

条件を満たさないことには異動できませんので、3年以上の経験が必要ということであれば、まず3年働きましょう。

異動願いを出す

条件を満たしたら、上司に異動の希望を出してみましょう。

異動時期は病院ごとに定まっていると思いますので、実際に配属して欲しい時期を計算することをオススメします。

その時には、どうしてICUで働きたいのか、という熱い思いを伝えましょう。

また気持ちだけでなく、『ICUで異動したら私はこんな風に病院に貢献できます!』という病院側へのメリットも伝えると希望が叶えられやすいかもしれません。

ICUのある病院へ転職する

そもそも働く病院にICUがなければ、働く病院を変えるしかありません。

ICUがある病院は、ネットですぐに調べられるはずです。

自宅から通える範囲で探すのか、思い切って他県に行ってもいいのか、自分の考えをまとめながら探すとよいでしょう。

 

野田裕貴
ただICUといっても、施設によって行う医療は変わります。

 

例えば、呼吸状態の悪い患者に使う、ECMOという人工肺の治療がありますが、これを扱う病院は限られます。

せっかく働く場所を変えてまでICUの看護を学びたいと思うなら、しっかり下調べをしていきましょう。

コネを使って知り合いに聞いたり、人材紹介会社から情報収集をするのも有効です。

『マイナビ看護師』
4.7

マイナビ看護師

【1】利用者満足度は96%を誇る
【2】病院の雰囲気を詳細に確認できる
【3】求人数の多さと案件の質の高さに定評

『看護のお仕事』
4.6

看護のお仕事

【1】月間登録者数20万人以上!
【2】ワークライフバランス重視!
【3】手厚いサポートを受けて転職活動を行いたい方

 

必要な勉強、資格を取得する

ICUで働くことを決めた、もしくは異動希望を出したら、少しずつ準備を始めましょう。

異動前に優先的にするべきことは、勉強です。
忙しいICUではその場で本を読む暇もありませんし、知らない機械や物品が多すぎてわけがわからなくなってしまうことも。

配属されるまでの間に、ある程度の知識をつけてイメージしておくと、業務に慣れるのにもスムーズになると思います。

知り合いがICUにいれば、どんな勉強をして準備すればよいか聞いてみてください。もしいなければ、新人向けのICUの本を購入して読んでみることをオススメします。

 

野田裕貴
私がICUで働く前に買ってよかった本を紹介します。
created by Rinker
¥3,520 (2019/12/07 19:38:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,300 (2019/12/07 19:38:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

新しい本もどんどん出版されていますし、いろいろなサイトやブログでもICUの新人向けの本が紹介されているので、見てみるとよいでしょう。

また、資格を取っておくのもよいと思います。BLS(一次救命処置)は必ず取得し、もしACLS(二次救命処置)があれば現場で役に立つはずです。

【現役看護師に聞く】看護師のスキルアップに役立つ資格・講習【BLS編】

 

ICUは優秀な看護師じゃないと働けないの?

ICU看護師になるための具体的なステップを紹介しましたが、優秀な看護師でなければ働けないのでしょうか。

 

野田裕貴

いえ、そんなことはありません。

もちろん高度な医療実践技術や素早い判断能力を必要とするため、適正は多少あるかもしれません。

ただ、勉強して知識と経験を積んでいけば、ICUでしっかり働ける看護師になれると思います。

 

努力によって成長していった人は、「優秀な看護師」と人から言われることもあるでしょう。勉強が好きでもっと成長したいと思う人は、ICUの看護師に向いていると思います。

もし「ICUで働いてみたいけど自分は向いてないのかな」と悩むなら、実際に行動してみましょう。興味がある分野に進んでいけるのは、とても幸せなことですよね。

 

まとめ

ICUは常に緊張感がある現場の中で、鋭い観察眼や正確なアセスメント能力が求められる厳しい部署です。

それだけに、自分の能力や経験を発揮できるやりがいもあります。集中治療や全身管理の知識、重症患者への対応、さまざまな経験を積むことができ、看護師としての大きな自信につながります。

 

野田裕貴
いつかICUで働くことを考えているなら、今いる場所でスキルアップを目指していきましょう。

 

ICU_看護師
最新情報をチェックしよう!
>看護師の転職・キャリアアップに強い転職サイト

看護師の転職・キャリアアップに強い転職サイト

看護師の転職には、看護師専門の転職サイト、転職エージェントを使うのが一番効率が良い方法です。 実際の利用者の口コミを読みながら、満足度の高い看護師転職サイト・転職エージェントへ登録し、今よりも働きやすい職場への転職活動を始めましょう!

CTR IMG
看護師におすすめの転職サイト人気ランキング