派遣看護師_年収

派遣看護師の年収は約360万円|高額時給や年収をあげるのに役立つ派遣の仕事3選

看護師といえば正社員のイメージが強いですが、最近では「派遣看護師」という働き方を選ぶ人も多くいます。

働き方は多様化していますので看護師にも「派遣」が増えていますが、実際の給料はどうなのでしょうか。

今回は派遣看護師の様々な業務内容を紹介しながら時給や月収、年収を紹介していきます。

 

『看護のお仕事|派遣』初めての派遣でも安心の転職サポート実績
4.5

看護のお仕事派遣

派遣でお仕事した方からのヒアリングした情報を元に、派遣先への取材で集めたリアルな情報を提供。お仕事開始前に見学も出来るので、安心して働くことができる。また、派遣専門のため期間限定で働くことができるので、高時給の求人が多いのも特徴。

総合評価4.5

口コミ平均評価 4.5

編集部評価 4.5

対応エリア

全国対応

公開求人数

非公開

1問目/3問中
あなたの性別は?

 

看護師の派遣は稼げる?年収はどの程度か?

 看護師はスキルが高いからこそ稼げる職種。派遣になってしまうことで、専門的な仕事に携われなかったら…

派遣看護師がどのくらい稼げるのか不安になる要因の一つです。

では実際のところどのくらい稼ぐことができるのでしょうか。

派遣看護師の時給や月収、年収をそれぞれ確認していきましょう。

派遣看護師の時給は1,700円前後

エリアや勤務先にもよりますが、派遣で働く看護師さんの時給は非常に高く、月収ベースでみると、正職員と比較しても遜色ありません。日勤のみの勤務で月収30万円以上という求人もあります。また傾向として、直接雇用のパートやバイトよりも高時給で、かつ有期雇用のお仕事なので、期間限定(短期間)でとにかく稼ぎたいという看護師さんにおすすめです。もちろん派遣看護師なら、サービス残業などは一切なく、残業が発生した場合、勤務した時間分は、派遣会社からそのまま給与として支払われます。

また8時間を超える残業が発生した場合や、夜勤で22時以降の勤務が発生したときは、割増時給となり、さらに時給が上がります。

今後の少子高齢化社会を考えると、看護師の需要はますます高まることが予想されるため、派遣看護師の時給はさらに上がる可能性もあります。

引用元:スーパーナース

 

上記の通り派遣看護師は日勤のみでも月収30万円になる場合もあり、月の労働日数22日間、1日8時間労働とすると時給が1,700円以上となります。

残業代や夜勤手当も発生しますので、看護師の正社員として働いた場合と遜色ない給料がもらえることが伺えます。

今後需要が高まることを考えれば、更に時給が高まる可能性が高いです。

派遣看護師の月収は30万円から40万円

上記にも記載しましたが、派遣という雇用形態でも30万円以上の高い月収を稼ぐことが出来ます

専門性の高い仕事や夜勤のある仕事を選べば、時給2000円を超える仕事もあるので、月収が40万近くいく派遣看護師も。

派遣看護師の年収は約360万円

派遣看護師の月収30万円と仮定すると、単純計算で30万円×12カ月=360万円です。

派遣看護師とはいえ年間でも正社員に届くような年収ですので、事務など一般的な派遣の仕事と比べると非常に高い給料ということがわかります。

 

『看護のお仕事|派遣』初めての派遣でも安心の転職サポート実績
4.5

看護のお仕事派遣

派遣でお仕事した方からのヒアリングした情報を元に、派遣先への取材で集めたリアルな情報を提供。お仕事開始前に見学も出来るので、安心して働くことができる。また、派遣専門のため期間限定で働くことができるので、高時給の求人が多いのも特徴。

総合評価4.5

口コミ平均評価 4.5

編集部評価 4.5

対応エリア

全国対応

公開求人数

非公開

 

時給の高い派遣看護師の仕事は?

派遣看護師が正社員並みに稼げることがわかりましたが、その中でも時給が高い派遣看護師の仕事があります。

それが、以下の3種類となります。

  1. 産業保健師・看護師
  2. 産休・育休代理
  3. 夜勤専従

それではそれぞれの職種をみていきましょう。

産業保健師・看護師|年収は470万円程度

産業保健師・看護師は企業や工場で働く人の健康維持をするために、サポートする職業です。

イメージとしては学校にあった保健室に常駐するような形になります。

ケガの面倒をみることはもちろんメンタルケアの仕事が重視されるのが産業保健師・看護師です。

平均月収は32万円、年収は470万円と派遣看護師の中でも高級となっています。

またスキルや地域によっては最高年収1,000万円に到達している方もいらっしゃいます。

産休・育休代理|年収は約420万円程度

産休・育休代理のお仕事は産休や育休に入る看護師の代理として働く形になります。

高いスキルを持つ看護師の代わりは簡単に見つからず、産休や育休に入るからと言って穴をあけにくいのが実情ですが、派遣看護師の制度を使用することでうまく引き継ぐことが可能です。

看護師は年収450万程度です。
必要であれば他の病院にアルバイトしている方もいます。
男性看護師の場合は人間関係は全く関係ないです。逆に上司は優しいです。
女性の場合は人間関係が大変です。

引用元:Yahoo!知恵袋

 

時給は1,900円~時給2,000の所が多く、通常の派遣看護師より少し給料が高い傾向にあります。

1日8h×22日×12×2,000円(時給)で4,224,000円となりますので、産休・育休代理の年収相場は約420万円となります。

参考:求人ボックス|産休代替派遣看護師の仕事・求人情報

夜勤専従の看護師|年収は約400万円程度

夜勤専従はその名の通り夜勤を専門とする派遣看護師のお仕事です。

夜間の看護師需要は年々増しており活躍の場はひろがっています。

通常1カ月における夜勤の回数は制限がかかっており、制限なく夜勤に従事することはできません。

しかし夜勤専従となると上記の回数制限がなくなるため夜勤に特化した看護師として活動をすることができます。

夜勤一回あたり30,000円となりますので8h勤務と仮定すると自給3,750円。年収換算すると400万円ほどとなります。

 

私は2交替制の病院でしか夜勤専従をした事がないので2交替制の話になりますが、私が働いていた時の夜勤専従者の夜勤の数は9回でした。

18日間の出勤という事になり、休みは日勤者よりも多くなります。

1回あたり1万円近い夜勤手当が出ていたので、単純計算で日勤のみの勤務者よりも9万円多く稼げる計算になります。

引用元:現役看護師に聞いたリアルな夜勤事情|夜勤の仕事内容や辛いこと、給与関係まで【体験談】

『看護のお仕事|派遣』初めての派遣でも安心の転職サポート実績
4.5

看護のお仕事派遣

派遣でお仕事した方からのヒアリングした情報を元に、派遣先への取材で集めたリアルな情報を提供。お仕事開始前に見学も出来るので、安心して働くことができる。また、派遣専門のため期間限定で働くことができるので、高時給の求人が多いのも特徴。

総合評価4.5

口コミ平均評価 4.5

編集部評価 4.5

対応エリア

全国対応

公開求人数

非公開

 

派遣看護師として働くメリット・デメリット

派遣看護師が稼げることが分かったところで、「給料以外にはどの様なメリットがあるのか」みていきましょう。

メリット

ライフスタイルに合わせた仕事が可能

派遣のお仕事の良いところは、自分の希望条件で働けるところです。

常勤(正職員)のお仕事だと、他のスタッフとの兼ね合いもあって、自分の希望を主張することは難しく、自由度はかなり限定されますが、、派遣であれば「日勤のみ」「夜勤のみ」「週3日」「土日祝休み」「残業なし」「午前のみ」など、自分の希望に合わせたフレキシブルな働き方ができるので、家事・子育てと仕事との両立もしやすく、女性比率の高い看護師にとっては大きな利点です。

引用元:スーパーナース

 

派遣看護師の仕事はスポットごとにお仕事を行うことができるのでライフスタイルに合わせた仕事を行うことができる。

そのため子育てや家事をしながらでも空いた時間に仕事ができるのが最大のメリットといえます。

短期集中で稼ぐことが可能

 正社員ではなくスポットでお仕事ができるのが強みなので、派遣看護師は短期集中で稼ぐことが出来ます。

派遣看護師の給料は他の仕事よりも時給が高く設定されている場合が多く、看護の仕事の中でもさらに時給が高く設定されているものがあります。

短期間で稼ぐと決めて、夜勤専従で一定期間だけ働く!ということが可能です。

派遣看護師の需要が高い

看護師はスキルが高く替えが効かない人材です。

従って結婚や転職といった形で抜けが生じてしまうと、すぐに替えがきかず運営が滞ってしまう可能性があります。

私は、以前准看護師の時にクリニックで働いていました。
4週10休(水曜日、日曜日、土曜は午後から休み)で、年収は350万でした。
正看護師になり大きな病院に勤めたいと思い退職しました。
今では3交替をしていますが、4週8休以上は確保されていて、その当時の倍以上はもらっています。

まずは、今は看護師不足なので、働く側の状況を理解して時短での勤務も多く、探せば条件に合う病院はあると思います。
私の病院は、病棟でも時短(ほとんど小さな子供のいる方ですが)で働いていたり、時短分を普通の勤務にして休みを増やしたり、病棟によって2交替と3交替をやってるので、2交替制でなら夜勤ができるという方たちはそのような部署にいます。

引用元:Yahoo!知恵袋

また今後高齢化が進む日本では、さらに看護師需要が増加することが見込めますので派遣看護師の需要は今後も高まることが予想されます。

デメリット

今度は派遣看護師のデメリットについて解説していきます。

メリットが多いように思える派遣看護師ですが、非正規公用ならではの問題はやはりつきまとってきますので、自身がどちらを選択するかの指標としましょう。

雇用が不安定

非正規雇用なので仕方のないことなのですが雇用が不安定です。

しかし派遣看護師として勤めていたらそのまま正社員になったケースもありますので、その職場で正社員になりたいと思ったのであれば、日ごろから人間関係の構築にも気を使っておくようにしましょう。

年間の稼ぎが低い

派遣看護師はいくら高時給といっても正社員の給料には劣ります。

ライフスタイルに合わせた働き方を優先するのかそれとも年収を上げていくのかは自身の生活状況によって選択しましょう。

スキルアップができない

看護師の中には、さらに専門性を高めて認定看護師など、目指す人もいるでしょう。

そう言った人は派遣看護師ではスキルアップになるところがないので、選択してはいけません。

派遣の看護師として働くメリットとデメリット|派遣看護師に向いている人も解説

【経験者に聞いた】派遣看護師の仕事内容とメリット・デメリット|おすすめのサイトは?

『看護のお仕事|派遣』初めての派遣でも安心の転職サポート実績
4.5

看護のお仕事派遣

派遣でお仕事した方からのヒアリングした情報を元に、派遣先への取材で集めたリアルな情報を提供。お仕事開始前に見学も出来るので、安心して働くことができる。また、派遣専門のため期間限定で働くことができるので、高時給の求人が多いのも特徴。

総合評価4.5

口コミ平均評価 4.5

編集部評価 4.5

対応エリア

全国対応

公開求人数

非公開

 

高時給の案件が多い派遣向け看護師求人サイト

『看護のお仕事|派遣』初めての派遣でも安心の転職サポート実績
4.5

看護のお仕事派遣

派遣でお仕事した方からのヒアリングした情報を元に、派遣先への取材で集めたリアルな情報を提供。お仕事開始前に見学も出来るので、安心して働くことができる。また、派遣専門のため期間限定で働くことができるので、高時給の求人が多いのも特徴。

総合評価4.5

口コミ平均評価 4.5

編集部評価 4.5

対応エリア

全国対応

公開求人数

非公開

看護roo!【派遣サポート】
4.5

東京・神奈川・千葉・埼玉を中心にトップクラスの時給を誇る【派遣看護師向け】のエージェント。社会保険・有給休暇完備で、就職前に職場の内情がわかることが人気。また、コンサルタントは『一気通貫型』のため、1人のコンサルタントが病院側とあなたの両方から意見を聞いて最後までサポートするため、ミスマッチが起こりにくいのもポイント!

総合評価 4.5

口コミ平均評価 4.5

編集部評価 4.0

対応エリア

東京・神奈川・埼玉・千葉

公開求人数

20,000件以上

 

まとめ

今回は派遣看護師の様々な業務内容を紹介しながら時給や月収、年収を紹介してきました。

派遣看護師の仕事の需要は年々増しており時給や給料も高いことが分かりました。

派遣看護師ではスキルアップやキャリア形成をしたい看護師は、選んではいけない働き方です。

しかし家庭やプライベートを優先したいと考えている看護師には、自分のライフスタイルに合わせた働き方を選べるので、最適と言えるでしょう。

『看護のお仕事|派遣』初めての派遣でも安心の転職サポート実績
4.5

看護のお仕事派遣

派遣でお仕事した方からのヒアリングした情報を元に、派遣先への取材で集めたリアルな情報を提供。お仕事開始前に見学も出来るので、安心して働くことができる。また、派遣専門のため期間限定で働くことができるので、高時給の求人が多いのも特徴。

総合評価4.5

口コミ平均評価 4.5

編集部評価 4.5

対応エリア

全国対応

公開求人数

非公開

派遣看護師_年収
最新情報をチェックしよう!
>看護師の転職・キャリアアップに強い転職サイト

看護師の転職・キャリアアップに強い転職サイト

看護師の転職には、看護師専門の転職サイト、転職エージェントを使うのが一番効率が良い方法です。 実際の利用者の口コミを読みながら、満足度の高い看護師転職サイト・転職エージェントへ登録し、今よりも働きやすい職場への転職活動を始めましょう!

CTR IMG
看護師におすすめの転職サイト人気ランキング