パート看護師の年収・時給相場はいくら?扶養に関する不安も解説

看護師というと専門職のイメージからか「正社員」としての仕事と考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、近年では看護師の働き方も大きく変わっており、常勤(正社員)だけでなく非常勤(パートやアルバイト)という働き方も増えてきています。

しかし、気になるのは看護師をパートとして働いた時の年収

仕事が大変なだけに、看護師として、どんな職場がパートとして高時給なのかは確認しておきたいところです。

そこで今回は、パートで働く看護師の年収から扶養に関する部分まで解説していきます。

 

1問目/3問中
あなたの性別は?

 

看護師パートの年収は?時給・年収の相場と施設別の業務内容

パート看護師の年収は約315万

パートで働く看護師の全国平均時給は1,492円と言われています。

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
1,348円 1,161円 1,181円 1,303円 1,268円 1,348円 1,221円
東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 群馬県 栃木県
1,741円 1,649円 1,557円 1,556円 1,367円 1,287円 1,283円
静岡県 三重県 愛知県 岐阜県 新潟県 富山県 石川県
1,484円 1,439円 1,458円 1,362円 1,395円 1,365円 1,327円
福井県 山梨県 長野県 大阪府 兵庫県 京都府 滋賀県
1,320円 1,350円 1,360円 1,627円 1,574円 1,569円 1,502円
奈良県 和歌山県 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
1,559円 1,451円 1,303円 1,262円 1,292円 1,204円 1,185円
徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県
1,348円 1,232円 1,191円 1,276円 1,184円 1,097円 1,108円
熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
1,083円 1,124円 1,010円 1,045円 1,176円

参考:【看護師】の平均給料・年収【ナース人材バンク】

1日8時間労働で、毎月22日間の勤務日数と考えたときの年収は約315万円です。

基本的に夜勤手当や賞与などがない分、正職員と比べて大きく差が出るのが看護師パートの特徴です。

また、地域による非常勤看護師の時給幅が大きく、その土地の人口や物価などの影響で地域によっても大きな差がでてきます。

地域別の看護師の年収事情

下図は『求人ボックス』が調べた市域別の看護師(アルバイト・パート・派遣)の年収相場になります。

地域別の看護師年収参考:求人ボックス

地域 年収 時給(ア) 時給(派)
北海道 317万円 1,189円 1,504円
山形県 351万円 1,201円 1,502円
宮城県 340万円 1,211円 1,503円
秋田県 326万円 1,203円
福島県 321万円 1,103円 1,503円
岩手県 317万円 1,123円 1,500円
山梨県 350万円 1,250円 1,702円
新潟県 349万円 1,200円 1,528円
富山県 344万円 1,202円 1,602円
東京都 404万円 1,605円 1,897円
神奈川県 388万円 1,539円 1,938円
埼玉県 385万円 1,510円 2,003円
千葉県 384万円 1,436円 2,020円
茨城県 347万円 1,303円 1,803円
栃木県 343万円 1,199円 1,703円
群馬県 343万円 1,199円 1,803円
静岡県 368万円 1,410円 1,803円
愛知県 365万円 1,285円 1,697円
岐阜県 343万円 1,188円 1,801円
大阪府 381万円 1,481円 1,671円
兵庫県 360万円 1,437円 1,725円
京都府 358万円 1,398円 1,803円
奈良県 355万円 1,399円 1,802円
滋賀県 339万円 1,403円 1,752円
和歌山県 339万円 1,303円 1,808円
鳥取県 352万円 1,202円 1,800円
岡山県 321万円 1,202円 1,553円
山口県 301万円 1,099円
徳島県 344万円 1,147円
高知県 328万円 1,126円 1,800円
香川県 326万円 1,147円 1,801円
愛媛県 312万円 1,098円 1,500円
鳥取県 352万円 1,202円 1,800円
岡山県 321万円 1,202円 1,553円
山口県 301万円 1,099円
福岡県 309万円 1,144円 1,403円
大分県 306万円 995円
長崎県 302万円 997円 1,403円
鹿児島県 302万円 991円 1,402円
佐賀県 293万円 998円 1,402円
熊本県 290万円 967円 1,129円
沖縄県 312万円 1,100円

 

パート看護師といっても業種や職場によって労働環境は大きくことなりますので、パート看護師が活躍できる主な職場を、以下で確認しておきましょう。

施設別の看護師業務の内容

病院や大学病院の外来

外来勤務の看護師パートの仕事は患者に係わるものが多く、診療の準備や補助、医師の指示のもと、適切な検査や処置などを行うのが業務となります。

また、検査や投薬、治療方針の説明、入院になった場合の手配や病棟看護師への申し送りなど、パート看護師といえど本職の看護師に遜色はありません

従って、働く時間帯や雇用形態以外は、常勤看護師と変わらない内容であるといえます。

介護施設勤務

介護施設は病気の治療が目的ではなく、高齢者が快適かつ、安全に生活するためのものであるため医師の数は少なく、夜勤や残業が少ない看護師のパート勤務が多くの割合を占める職場となります。

主な仕事は入居者の健康管理や薬の管理などで、複雑な医療処置がほとんどないのが特徴です。

クリニックや検診センター勤務

救急外来のないクリニック勤務は外来診療がメインとなります。

看護師パートの仕事は診療前の準備や医師の診療補助、採血・注射・点滴、検査の説明など病院の外来勤務と同じような診療に係わるのが特徴です。

しかし、人員不足のクリニックも多く、医療器具や薬品の管理、清掃、心電図の測定やレントゲン画像の現像といった業務が加わることもあります。

検診センターでの勤務はそのほとんどが平日日中のみの勤務となるので、決まった時間内で働きたい子育て中の主婦などには働きやすい環境で、仕事内容は問診と採血が中心となります。

 

パート看護師の中でも高時給な職種とは?

パート看護師は、一般的なパート勤務よりも時給が高くなります。

その中でも、利用者が増え需要が増えてきている「訪問看護」や「訪問入浴」の仕事ではより高額時給となりますので、稼ぎたい人にはチャンスの仕事です。

また、夜勤が可能であれば「夜勤専従」という働き方で効率良く稼ぐこともできます。

それぞれの仕事内容や給与について詳しくみていきましょう。

訪問看護

訪問看護師は利用者の住む訪問先に向かい、主治医の指示に基づいた医療処置や健康状態をチェックする仕事になります。

利用者は、乳幼児から高齢者まで幅広い年齢の方が対象となり、利用者だけでなくその家族のサポートも重要なお仕事なので、コミュニケーション能力が求められます。

体力的にはかなりきつい仕事ですが、ほとんどが外回りのお仕事となり、人間関係に振り回されることなく業務に集中して取り組めます

また、時間の融通がきくのも特徴で、業務時間や休みの希望がとおりやすく、無理なく安定して働くことも可能です。

訪問入浴

訪問入浴は訪問看護とは違い、介護職員とグループ制で利用者の自宅を訪問します。

利用者は自分で入浴できない高齢者がほとんどですので、家族にヒアリングしながら、綿密に健康状態をチェックの後、入浴を開始します。

介護職員がメインとなり入浴をしますが、看護師は利用者の様子を見ながら入浴の手伝いも行います

利用者によって入浴時には様々な注意点があり、しっかり記憶して行動することが重要となりますので、訪問入浴のお仕事も体力的にきつい仕事です。

夜勤専従

パート看護師の中で最も稼げるのは夜勤専従の仕事となります。

夜勤を専門に働く看護師パートとなり、

  1. 見回りや患者の排泄などの介助
  2. 患者の急変時の対応
  3. 患者によっては決まった時間に処置する

といったお仕事が主な業務です。

夜勤なので体に負担はかかるものの、日給約2万円~4万円程度の高日給で、時給に換算しても2,000円以上は確実です。

ですので、少ない日数でも大きく稼ぐことが可能となります。

 

看護師パートのよくある悩み|「扶養」に

これまで看護師パートの主な業種や年収、高時給なものを紹介してきましたが、看護師パートは高時給という特徴から、扶養の面を考えるのは必須です。

大きく稼ぎたいと考えて、夜勤専従のお仕事をやったのに、税金で大きく削られてしまったという例もあります。

自分にあった、仕事の時間や年収を選択するためにも、「扶養」に関する部分を頭にいれておきましょう。

年収103万円を超えてはいけない!?

パートで働く場合は、扶養内で働くほうが所得税の配偶者控除など様々な恩恵を得られます

所得税の配偶者控除を受けるには、配偶者の年収が103万円以下である必要があります。

パートの上限年収103万円を超えてしまうと扶養から外れ、配偶者控除を受けられなくなり、社会保険料を自分で払うことになる場合や、世帯収入が減ってしまう可能性もあるので注意が必要です。

社会保険費用は130万円を超えると発生

年金や健康保険などの社会保険は、年収130万円以下の場合支払い対象外となります。

ただし、家計で主に働いている人の企業構成によって場合分けされます。

従業員501人以上の企業の場合は配偶者の収入が106万円から、従業員501人以下の場合は130万円から加算されます。

大きく稼がない場合は手取り額を考えると、パートで働く看護師は社会保険の加入が発生しない範囲で働く方がお得といえます。

看護roo!【派遣サポート】
4.5

東京・神奈川・千葉・埼玉を中心にトップクラスの時給を誇る【派遣看護師向け】のエージェント。社会保険・有給休暇完備で、就職前に職場の内情がわかることが人気。また、コンサルタントは『一気通貫型』のため、1人のコンサルタントが病院側とあなたの両方から意見を聞いて最後までサポートするため、ミスマッチが起こりにくいのもポイント!

総合評価 4.5

口コミ平均評価 4.5

編集部評価 4.0

対応エリア

東京・神奈川・埼玉・千葉

公開求人数

20,000件以上

 

自身の計画に沿ったパートを選択しよう

扶養に関する部分は、あくまでも「大きく稼ぐ意思がない」人が気にする点となります。

正社員並の年収を高時給の看護師パートで得ようと考えているのであれば、最初から、税金面がかかることを考えて、大きく稼ぐのがオススメです。

しかし、「生活費の足しにしたい」や「お小遣い程度で稼ぎたい」という方にとっては、扶養枠を超えてしまうと大きく税金がかかってしまうので注意が必要となります。

 

まとめ

今回はパート看護師の働き方や年収、高時給なもの、扶養面に関してご紹介いたしました。

一口に看護師パートといえども、業務内容や年収が大きく異なります。

また地域によって同じ業種でも時給が大きく差があります。

首都圏で働く場合、時給が高く予想より稼いでしまったなどということになりかねません。

扶養内で働きたいのであれば、どれくらい働いたら、いくらになるのか、事前にシミュレーションをして、しっかり把握することが大切です。

家計を主に支えている方と相談しながら、自分にあった看護師パートでお仕事をしていきましょう。

最新情報をチェックしよう!
>看護師の転職・キャリアアップに強い転職サイト

看護師の転職・キャリアアップに強い転職サイト

看護師の転職には、看護師専門の転職サイト、転職エージェントを使うのが一番効率が良い方法です。 実際の利用者の口コミを読みながら、満足度の高い看護師転職サイト・転職エージェントへ登録し、今よりも働きやすい職場への転職活動を始めましょう!

CTR IMG
看護師におすすめの転職サイト人気ランキング